2004年06月06日

最新仏車見学

本日は、息子のルノールーテシア16V(94年式のおんぼろです)のオイルフィルターを買いに息子とともにルノーディーラーへ。
出されたもの見たら、あららトゥインゴのと同じなんですね(^^
それなりのスポーツエンジンだし、トゥインゴと一緒だとは思いませんでした。
お店には早くもメガーヌのブレークが置いてありました。まだルノーのサイトでも紹介されていなかったので驚き。なかなか魅力的です。リヤスタイルまことに綺麗ですが、ちょっと纏まり過ぎか・・・。ベルリーヌの方が好きです。
ついでにシトロエンディーラーに立ち寄りました。お目当てはC5ですが、C2ピカソと気になる車もありましたし。
スモールハッチ好きとしてはC2魅力的です。アナログのタコメータ内に収まるデジタル表示のスピードメーターは嘗てのホンダを思わせますが、液晶の色合いがあのボビンを思わせるので○。
ピカソはその独特のフォルム、一癖ありますが見れば見るほど味が出そうで○。ピカソ好きだし○、ピカソのサインがそのままエンブレムになってるんですね。基本的に大好きです・・・が敢えて苦言。内装はちょっとつらい。国産ユーザにはかなり営業しづらそう。価格的には競合すると思われるオデッセイなんかとそういう部分を比べられると勝ち目ないので×。ある意味ホンダさんはヒジョウにウマいと言えます。でもシートの柄は一見地味ですけど、良いです。
そしてC5、走行3000kmのV6ブレーク試乗車が売りに出てました。良い!決定と行きたいところですが、予算の3倍以上というで(^^;;;事なきを得ました。
耐乏仏車生活は当分続行です・・・
posted by PPFV at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 耐乏仏車生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。