2004年07月11日

ナベツネはこの国の縮図

巨人の渡邊オーナーの発言が(いつものように)物議をかもしています。
いつものことで、選挙前にそんな場合じゃないよ・・・と思う反面、常々このプロ野球機構あるいはその中心人物である「ナベツネじいさん」の存在・発言が、この国の政治ひいては社会の縮図を見る思いがあって、その不愉快度も増幅されるわけです。

このあたりは・・・
What's New & Occasional Diary
での記事に、「プロ野球=自民党=読売新聞」的なるもの
としてアップされています。まさにその通りとうなずくことしきり。

また、スポーツを知らない権力者にスポーツが支配される不幸(玉木正之氏コラム)
という興味深い記事。
(まがりなりにも)ジャーナリズムである新聞社のトップたる発言としては常々驚くべきものありますが、このコラムのタイトル「スポーツ」を「ジャーナリズム」と読み替えてもそのまま当てはまります。

しかし、ここでひとつの疑問が生じる。はたして渡邉恒雄氏は、日本のプロ野球界(スポーツ界)で、それほどまでに畏怖しなければならないほどの「権力」を、ほんとうに有しているのだろうか?

 そして、ポスト工業化社会である先進諸国が、スポーツをふくむ文化産業の発展に力を注ぎ、それを経済発展と雇用問題の核とも考えていることを思うと、日本で最も人気のある野球という文化を私物化し、その発展を妨げ、自社の利益のみを追求している渡邉恒雄氏は、日本スポーツ界の癌という以上に、「亡国の徒」ともいえるのである。
 もっとも、スポーツという文化に、それほどまでの価値のあることに気づいていない人物がまだまだ多い日本社会が、渡邉恒雄氏の言動を、おもしろおかしいものとして容認していることこそ問題というべきなのだろうが。


引用したこの文章も色々示唆に富んでいます。スポーツ(プロ野球)の話なのだろうけれど、それだけにとどまらない。「ジミントー」だとか「政治」だとか「アメリカ」だとかそんなキーワードがちらちらします。

それに関連して、
OONOさんのブログ これでいいのか?での記事

社風?6/21

まあ、好意的に解釈すれば、社長と論説委員のものの考え方が極めて似通っている意思疎通の優れた会社と言えるのでしょう。ついでに言うと、我が家にいらっしゃる読売関係者の方の、こちらの断りすら許さないような一方的なしゃべりも、この社長の談話や論説委員氏に通じるものがあります。グループ全体の意思統一が優れていると言えるのかもしれません。

まさしく「おもしろおかしいもの」として容認している弊害が、スポーツのみならず、最大部数誇る(中身は別として)大新聞社の論説(ひいては世論形成)に影響していることを思うと、やはり大いに問題。巨人ファンの方にはちょっとまじめに考えて欲しいです。まあ体制に擦り寄ることで心の安寧を求める方が多くいらっしゃることは認識していますが。
しかしこういう「右よりな人」の発言失言に、どうしてこんなにもこの日本の世論は寛容なんでしょうね。同じように「左よりな人」がこんな発言(ありえなさそうですが)したらとことん叩かれること必至、タダじゃ済まなさそうですが。

「プロ野球(巨人)=自民党=読売新聞」的なるものへの嫌悪として、またそれへの対抗勢力への期待の象徴としてうちの妻さんの記事
「頑張れ阪神タイガース」
みたいな意見が出てくるのかなあと思うのですが、深読みですか?(笑)
球団中唯一、読売巨人軍と「軍」が付くっていうのも無関係ではないのかな。
posted by PPFV at 01:47| Comment(4) | TrackBack(3) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月10日

一票の重み

一票の重みは「地域格差」だけではないのかもしれません。

参院選:末期がん患者、命懸けの一票

色んな一票があるでしょう。思いのたけを込めた一票、利権のための一票、お付き合い?のための一票。一票の重さを測れる集計器あればこの国の政治どう変わっていたでしょう。この記事読んでそんなこと思ってしまいました。
posted by PPFV at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月09日

国連に選挙監視団の派遣を頼むアメリカ

国連に選挙監視団の派遣を頼むアメリカ(田中宇 国際ニュース解説)

 共和党右派系のマスコミであるフォックスニュースは、この要請を揶揄する記事を出している。国連の選挙監視団とは、アフガニスタンやリベリアといった<遅れた>地域に派遣されるもので、そんなものをアメリカに送ってくれと民主党の奴らは主張している、と言わんばかりの記事である。残念ながら、現実には、共和党のジェブ・ブッシュが行った2000年の徹底した選挙不正ぶりを見ると、アメリカはかなり<遅れた>状態にある。いやむしろ、これはアメリカ型の民主主義の行き着く<最先端>なのかもしれないが。「強制民主化」が必要なのは、イラクや北朝鮮ではなく、アメリカ自身である。

アメリカ型民主主義の行き着く先ですか・・・先の大統領選での不正は色々取りざたされましたが結局うやむやに終わったような気がします。そういう部分でも今回の大統領選は要注目です。
この日本の民主主義は大丈夫でしょうか。
posted by PPFV at 01:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月08日

まだマシ党へといっても〜やはり護憲は譲れないしなあ

神は「憲法」に宿りたまう 増補「憲法大好き」宣言
佐高信・福島みずほ 著

 日本国憲法は世界に誇るべき財産である。
 湾岸戦争の時、日本に対して、日本人はカネは出すけれども血は流さないという非難が昂まった。その時、高知のある高校生が、好きだったアメリカのコラムニスト、ボブ・グリーンに手紙を書く。もちろん、英語でである。日本には憲法九条があるから軍隊を出さないのだ、と。それを読んだグリーンがそのことをコラムに書き、全米で配信された。
 それを読んだアメリカ人たちから、その高校生のところに多くの手紙が寄せられたという。そこには、異口同音に、「知らなかった」「アメリカにも九条がほしい」といった言葉が並んでいた。何ものにもまして、この九条をこそ世界に“輸出”すべきなのではないか。

現実と憲法の間に乖離があるのは、平和の問題だけでなく、基本的人権の問題でもそうです。法の下の平等ひとつとっても実現をしていません。
 しかし、だからこそ憲法を努力目標や獲得目標として、現実をダイナミックに変えていくことが必要です。「不断の努力」が憲法によってもしっかり要請されています。

 憲法は、一体私たちがどういう社会を作るべきかということについて、語り、希望を語っています。



確かに「政権与党を〈まだマシ党〉に変えること」も重要なのだけれども、やはり護憲は譲れない。悩ましいところではある。変えたつもりが一皮向いたら「同じ顔」ということもありうるのだからね。
posted by PPFV at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自民、新聞広告で民主党批判…民主は不快感

自民、新聞広告で民主党批判…民主は不快感

自民党は7日の各一般紙朝刊に、「約束を守らない民主党にあなたは納得できますか?」などと民主党を批判する全面広告を出した。民主党は「わい曲、虚偽で、自民党もこれだけ落ちたかという印象だ」(藤井幹事長)と反発している。

「約束を守らない・・・」って、「あんたに言われたないわ!」って思わず関西弁で突っ込みたくなるニュースです。
つい先日、「ぼちぼち評価しよう」という記事で自民党の嘘つき体質に突っ込み入れたばかりなので、よくまあこんなことが言えたもんだと、呆れます。
よほど、余裕がなくなっているのか、なりふり構わなくなってきましたね。
posted by PPFV at 02:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月07日

投票に行く前に〜(必読)自民憲法改悪案

いくらマシなところに投票しようと言っても、長年慣れ親しんだジミントー以外に投票するのはどうも(何となく・意味不明の)不安を感じるという方、あるいは迷っているという方に。

(必読)自民党憲法改悪案です。

漠然とした不安なんか一気に吹き飛ばす明快な不安材料でいっぱいです(というか、これはもう不安とは言えないか)。
でも、こういうものを平然と出してくるほど、我々バカにされてるのかと思うと何かシミジミしてしまいますね・・・。
でもシミジミしてる場合ではないので。
保険規約は読まなくても、ぜひ、これは投票の前にお読みになることをお勧めします。

数々の情報提供下さっている方々に感謝しつつ
What's New & Occasional Diary
京都女子大学現代社会学部 平川研究室Blogにてアップされている記事です。

茶色い憲法―自民党憲法改正・論点整理案の全文

自民「憲法改正のポイント」―隠さず全部出せよ(笑)

寝言ならいいけど・・自民憲法改正案つづき
posted by PPFV at 21:01| Comment(0) | TrackBack(3) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月06日

市民団体の集会で逮捕者〜マスコミ報道されず

「平和への願い、1票に」 市民団体、渋谷をパレード /asahi.com

アサヒ・コムのニュースです。こういう時代にあって、若者の関心も高まりつつある。いいニュースだ。私も頑張ろ・・・などと悠長なこと思っていたら・・・・。

何と言うことはない、この有様です。

緊急茶色警報!ワールドピースナウで逮捕者〜これは日本ですか?

自分なりに危機感を持っていたつもりでしたが、想像以上の惨憺たる状況に達しているようです。
また、朝日の記事はじめ、マスコミにはほとんど取り上げられてません。まさに何もなかったかのよう・・・・。先の大戦についてまさに国の言いなりになり戦争への道へ突き進む原動力になってしまったことについて痛恨の念を抱き、決して同じ轍を踏まぬとの表明をしたのではなかったのですか。

マスコミはまた同じ間違いを繰り返すのでしょうか。

「茶色の朝」はもうすぐそこまで来てるんだろうか。

過去、こんな状況に突入した時代を不思議に思いました。またそんな流れを見過ごしたであろう当時の大人たちを軽蔑したりもしました。まさか自分が当事者になるわけには行きません。
「そんな時代だったんだから」などとそんな言い訳するわけには行きません。

これで決まるな、日本の将来;参院選 ・・・喜多 武司・・・
posted by PPFV at 22:05| Comment(2) | TrackBack(1) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月05日

選挙〜「変えなければ」「変わらない」

投票は義務?権利?=福岡賢正 毎日新聞 2004年7月4日 東京朝刊

この記事の分析、基本的には賛成です。特に「何かが変わった経験も、多分ない」という下りは、確かにそうだろうなあと思います。回りで「投票行っても変わらない」という声を聞くたびに「変わったことを経験したことがないんだなあ」という思いが常によぎりますから。ある意味、幸せかつ不満のない生活を送られてるのでしょうが、運が悪いとその不利益をモロに受けてしまうこともあるわけで・・・、そうなってやっと気づくということもあるわけです。

じゃなくても、冷静に自分の生活振り返ってみると、病院の窓口で支払うお金がやたら増えたなあ〜とか、何となく感じてる方もおられるでしょう。何となく感じてる程度だから、やはり幸せなんでしょうが、年金生活で病院通いのお年寄りには切実です。

これなどは選挙に行かなかったことで変わった(悪くなった)ことですね、おそらく。

消費税。仮に年収手取り500万としましょう。我が家なんぞ貯蓄に回ることはほとんどありませんから、文字通り消費されることになるわけで、支払ってる消費税はおおざっぱに25万円です。いきなり年間25万円の税負担増ですから、これは大いなる変化です(やはり悪い方の)。
ましてや、消費税導入時は福祉目的だったはずなのに、現状どうもそうじゃないみたい。

これも選挙に行かなかったことで変わった(悪くなった)ことですね、おそらく。

こう考えると、「選挙行っても変わらない」ではなくて「選挙行かないと悪くなる」ようですよ。
そもそも「選挙行って変えよう」としていないのですから「変わらない」のは必然といえば必然。ましてやここ最近の動きを見てると、金ふんだくられるだけでは済まない〜まことに住みにくいような世の中作りがされているようで、このまま信任されればますますエスカレートすることは間違いないでしょう(悪い方に)。

「選挙に行って変える」ということは、とりもなおさず(現与党以外に投票する)ということです。
えっ?どこも似たり寄ったりって?
少しばかり各党の政策主張を覗いてみてください。

反戦選挙プロジェクト

そしてとにかく少しでも「マシ」と思われる「ベツ」なところに投票しましょう。

「変えなければ」「変わりません」。
posted by PPFV at 22:40| Comment(6) | TrackBack(3) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月04日

防衛庁の文民統制見直し?

防衛庁の文民統制、制服組見直し提案 背広組と対等狙う Asahi.com

自衛隊に関する一連の動きの中で、このニュースをどう見ますか。
自衛隊を国外に派遣するということが、「おのずと制服組の発言力を強めることになる」ということ。それが自明の理であるということを、当初から理解しておく必要がありました。

文民統制(シビリアンコントロール)とは何であるか、再確認しておきたいところです。
posted by PPFV at 23:03| Comment(2) | TrackBack(1) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月03日

凶悪少年犯罪について〜やっぱりこだわる

佐世保小6死亡事件の加害者とされる女子児童の心の変化について・・・何が彼女をそこまで駆り立てたのかずっと気になっています。
そんな中、特別養護老人ホームの施設長の方のブログを見つけました。遅まきながら・・・。正直、小6とは思えない感受性の鋭さに驚きました。いや、もしかすると子供たちの感受性というのは彼女に近いものを無意識のうちに持ち合わせているのかもしれません。社会の矛盾を無意識のうちに感じているのかもしれません。
不勉強なせいか、マスコミからは、私は最後の一編の詩しか知らされませんでした。そこからはネット社会の闇といった議論しか展開されず、全く的外れな話です。というより恣意的に本質の議論を遠ざけているようにも思われるのです。
すべては繋がっているという意を強くしています。
posted by PPFV at 22:29| Comment(0) | TrackBack(3) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月02日

小泉鈍(どん)一郎?

こんなパロディもジミントーは削除要求するようですよ。

早いうちに回収、修理してもらいましょう。

求心力弱まってくると、言論弾圧もなりふり構わなくなってくるんでしょうか。

>候補者のHPは公職選挙法で公示後の更新が禁止されており、パロディーは現在も掲載されたままになっている。

っていうのがパロディとしての面白さにさらなる効果を生んでいる。
posted by PPFV at 00:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月01日

イラクを許します。あなた方を愛します。

これは先日イラクで拉致、殺害された金鮮一さんのご遺族のメッセージです。

故・金鮮一さん遺族が「和解と許し」のメッセージ(朝鮮日報)

遺族の悲しみの深さは私にはなかなか想像できるものではありません。
その悲しみを乗り越えてのメッセージです。
テロへの対決姿勢を頑なに崩そうとしない、小泉首相はこのメッセージをどう読むのでしょうか。
私は貴乃花の相撲には感動しないけど、このメッセージには心から感動しました。
韓国の方の知性と良心を感じます。

高遠奈穂子さんの「イラクを嫌いになれない」という言葉を思い出します。

各方面から良心に基づく行動が起こされているようです。やはり朝鮮日報の記事。

イラクNGOが「金鮮一さん哀悼」手紙伝達

航空労組「イラクへの兵力輸送拒否」
posted by PPFV at 20:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツール・ド・フランスいよいよ開幕

今年もツールの季節がやってきました。
7/3にいよいよ開幕です。ツール・ド・フランスに限らず、CSのおかげで全レース見ることができるなんて昔のこと思うと夢のようです。
昔はテレビ欄に「自転車」の文字見ただけで反応するほど飢えてました。
興味がない方も試しに一度ご覧になってはいかが?

JSPORTSによるツール・ド・フランス特集

その他のレースなど

サイクリングウェブ〜国内外の自転車レース情報

ツール・ド・フランス速報
posted by PPFV at 12:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 自転車のことなんぞ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。