2004年07月13日

その政党は今まで何をやってきたのか

いつも気になって拝見しているブログがあります。
たびたびのご紹介で恐縮です。
これでいいのか?

「注目」の候補 という記事で、選挙報道のあり方に問題提起されています。

確かに普段の報道のあり方をみていると、「投票率を上げたくない」政権与党の意思を反映していても不思議ではありません。少し話しは広がりますが、学校教育においても、政治に関心を持たせるような授業など知りませんし、私自身受けた記憶もありません。そんな状態で20才になって、選挙権を与えられ、誰に投票したらいいのかわからない・・・当然と言えば当然のことです。この流れにも何らかの意思が反映されていてもやはり不思議ではありません。

また同記事にリンクがはられている 選挙を棄権する、ということ というコラム


第一章 投票率を下げるような報道
  まず最初に、なぜ人は選挙に行かなくなったか、という事について考えてみる。
 選挙期間中のマスコミの報道は、建前としては「不偏不党」のようだ。その結果(?)普通は各政党の発言を併記し、客観性のある報道をこころがけているようだ。
 で、「不偏不党」の報道をした結果どうなるか。普通の報道なら各政党の言うことを併記する。その政党の「公約違反の実績」は考慮しない。
 当然ながら、政権党はマスコミ用の「公約」では自分にとって不利なことははぐらかそうとする。そういうのもそのまま報道すれば、「争点がはっきりしない選挙戦」になってしまう。それにより、有権者は「どの政党も同じような事を言っている」と誤認してしまう。
 さらにマスコミは、批判的な報道も「公平」に行う。「結局どの政治家もダメ」的な報道である。そんなものを真に受ければ、「誰もダメなのだから投票しても意味がない」と思ってしまう人が出てくるのも無理はない。
 そしてとどめが投票後の報道だ。低投票率についてふれたあと、他人事みたいに「争点がはっきりしなかったのが原因」などとしらばっくれるのだ。争点のなかった選挙などない。ただ、争点が明確化されると都合の悪い勢力が、争点をごまかそうとし、マスコミがそれにあわせた報道をしてしまっただけなのである。ついでに言えば、仮に本当に争点がなくたって、選挙に行かないでいい、などという事はない。
 選挙報道でマスコミがすべき事は、「今、何を言っているか」よりむしろ「これまで何をしてきたか」だろう。特に前回の選挙から今までの間に「公約した事をどれだけ実現したか」「倫理面で問題はなかったか」などを整理して報道すればいいのだ。各政党・候補者の主張などは、選挙公報にまかせておけばいい。マスコミの使命は「事実」を報道する事だ。そして選挙における明確な「事実」は「今何を言っているか」ではない。「今まで何をやってきた上で何を言っているのか」なのだ。


まさに、その通りと思います。私もそこに拘りたいです。何をやってきたかです。マスコミに限らず、どうもそこのところの議論が抜け落ちていて、釈然としない思いをすることが良くあります。特に共産党への評価については、(私には小難しい)イデオロギーがどうのこうのとか、昔の体制を引きずっているとか、言うことは正しいけど理想論だとか・・・批判が漠然としていて私にはよくわかりません。かといって明確な問題点の指摘があるかといえばそれもない。実体験、あるいは生活に根ざしたところでの「実績」として最も身近に感じるところがあるので、なおさら不思議なところです。

また、第三章には昨日私が書いた記事をまことに的確に書かれています。(一通り見たつもりだったのですがこのコラムは見逃しておりました・・・昨日の駄文お恥ずかしい)

第三章 棄権=白紙委任
  結局、棄権する事は、政治家がより好き放題な事をする事にお墨付きを与えることでしかないのだ。与党に投票する事は「現在の政治を承認する事」の意思表示になり、野党に投票する事は「現在の政治を承認しない事」の意思表示になる。それに対し、棄権する事は「今後も、政治家が何をやろうとお任せします」という意思表示になるのだ。
  その結果推進される政治のもとで、棄権者のみが被害にあうならまだいい。しかし、政治の結果はすべての国民に影響を与える。その結果、棄権しなかった人までが棄権した人の「白紙委任」に迷惑をこうむってしまうのだ。
 そういうわけで、どこに投票をしてもいいから、棄権だけは絶対にしないでいただきたい。


まさにその通り。コメントのしようがありません(^^;;;
posted by PPFV at 02:30| Comment(10) | TrackBack(3) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。