2004年08月09日

アジアカップサッカー日本代表の健闘を称える

色々騒がれたアウェーでの冷静な試合すばらしかったと思います。おめでとう。

しかし、石原氏からは相変わらずの発言。彼から「民度」などという言葉を聞くとは思いませんでした。

ブーイング問題:石原都知事「民度低いからしょうがない」(毎日新聞)

一方、中国人記者による記事。

中国マスコミスキャン〜ブーイング騒動(JANJAN)

特に下記引用部分は印象に残りました。

【中国民衆の心に宿るやり切れなさ】

 今回のブーイング問題で、日本人はショックを受けただろうが、筆者も中国人として、テレビ中継を見ながら、恥かしさと深い憂慮を覚えた。一部のサポーターの行為とはいえ、中国人の強い「被害者意識」が攻撃性に変異する可能性を見せ付けられたのである。

 また、日本メディアが分析したように、今回の件では中国政府も対応に悩み、ジレンマを感じているようだ。2008年の北京五輪に向かって、「愛国教育」のあり方を反省し、国内で高まるナショナリズムに真剣に向き合うきっかけになることを願う。

 一方、民衆の反日感情を中国政府の「愛国教育」の結果として簡単に片付けてしまうと、一部の日本政治家にとっては好都合となる。「スポーツをもっと純粋な気持ちで楽しもう」。それは正論である。だが、中国民衆の心に宿るやり切れなさが、簡単にそうさせてくれない。

 アジアカップが終わった後には、靖国参拝の「季節」がやってくる……日本と中国は、意識のすれ違いと溝をどうやって埋められるだろうか。


はたして、民度が高いのはどっち。

石原氏の参考資料は・・・。続きを読む
posted by PPFV at 21:31| Comment(2) | TrackBack(2) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。