2004年10月29日

天皇は左翼!?

なにげにニュース23など見ていたら、園遊会のニュース。

都教育委員でもある米長氏と言葉を交わす天皇陛下の姿が・・・。

「国旗を掲げ、国歌を歌わせることが私の仕事」と言った米長都教育委員に対し
「やはり強制にならないことが望ましいですね・・・」と天皇陛下(爆)
「もちろんそれはそうでございます」と米長永世棋聖(轟沈)

いつものレッテル貼りの法則でいけば「天皇は左翼」ということになりそうだ。

明快な天皇陛下に対し宮内庁はシドロモドロである。

天皇陛下:国旗国歌「強制でないこと望ましい」園遊会で(毎日新聞)
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20041029k0000m040133000c.html

 秋の園遊会で、東京都教育委員を務める将棋の米長邦雄永世棋聖(61)が卒業式などでの「日の丸・君が代」について発言し、宮内庁などによると、天皇陛下が「やはり、強制になるということでないことが望ましい」と話す場面があった。

 米長氏は招待者として出席。天皇陛下と将棋に関し話した後、都教育委員の仕事について「日本中の学校で国旗を掲げ、国歌を斉唱させるというのが私の仕事でございます」と語った。これに対し、陛下が話したもので、米長氏も「もちろんそれはそうです」と答えた。

 陛下が国旗・国歌について発言するのは極めて異例。宮内庁の羽毛田(はけた)信吾次長は、側近の侍従を通じ陛下に発言内容を確認したとしたうえで「心の問題でもあり、強制ということではなく、自発的というか、喜んで掲げる、歌うというありようが好ましいということを言われたのだと思う。具体的な政治・政策の是非を述べられたものではない」と話した。
posted by PPFV at 00:09| Comment(7) | TrackBack(13) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。