2004年11月04日

転載/[チェチェンニュース]平和創出のための提案

■チェチェンでの平和創出のためのジャーナリストからの提案
ーーー貧しい人々は平和を求め、宮廷の連中は戦争を欲するーーー
(アンナ・ポリトコフスカヤ 2004.09.13)

<記事について> アンナ・ポリトコフスカヤについての説明はほとんど必要
ないほどだが、一応。モスクワの小新聞社ノーヴァヤ・ガゼータ紙の記者とし
て、幾度となく戦禍のチェチェンを取材している。最近は北オセチアの学校人
質事件の取材の途上で何者かに毒物を飲まされたことで、日本でも一度に有名
になった。訳書に「チェチェン やめられない戦争」(NHK出版)がある。

彼女の証言を引用してチェチェン問題を語ることはやさしい。私たちが知り
たいと思うことを、彼女はいつも届けようとするからだ。けれども、正直それ
を読むのは辛いことがある。書かれているチェチェンの苛酷な状況の前に、私
達には何一つできないような気分になるからだ。

けれど、これから記事を読む私か、あなたが、いつかチェチェンの平和のた
めの国際監視団の一員になり、チェチェンを短期間訪れることがあってもいい
かもしれない。この日本での生活の先に、そんな熱意を埋め込み、その視点か
ら、いま起こっていることを注視してみてはどうだろう。そういうふうに読む
のは、すこし邪道かもしれないが、この記事で、ポリトコフスカヤはチェチェ
ン戦争の現実的な幕引きの仕方を考察している。(大富亮)続きを読む
posted by PPFV at 09:44| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転載/[アラブの声]ファルージャからのメッセージ

<以下転載>

以下のメールが回ってきたので転送します。
ファルージャの市民代表が国連のアナン事務総長に出した書簡です。
転送転載可(一人でも多くの人に知らせてください)

#

このメッセージは、イギリスのストップ・ザ・ウォー連合ブリストル支部に届いたも
のを「911を追求する組織」がニュースレターの中で紹介したものです。ニュース
レター全文をごらんになりたい方はと言って、リンクを貼り付けようとしたのです
が、まだウエブサイトには掲載されていません。もし全文読みたい方は、教えてくだ
さい。ちょっと長いのでここに貼り付けるのはやめておきます。それと転載はもちろ
ん自由です。

日付は10月14日になっています。
http://info.interactivist.net/article.pl?sid=04/10/21/2213231

また、この手紙を実際に書いたのは、ファルージャ人権民主センターのカシム・アブ
ドゥルサタル・アル・ジャマイリ所長で、ファルージャの住民を代表して、またファ
ルージャイスラム評議会、教職員組合、部族長会議、ファトワ宗教教育議会のために
と最後に書かれています。(翻訳では抜かしてあります)

以下、ファルージャの市民代表が国連のアナン事務総長に出した書簡です。続きを読む
posted by PPFV at 09:37| Comment(0) | TrackBack(3) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。