2004年11月09日

BS世界のドキュメンタリー「ロシア・相次ぐジャーナリストの殺害」

私はまだ仕事で見ることはできないけれど。再放送に期待します。

チェチェン・ニュースより

■BS世界のドキュメンタリー 「ロシア・相次ぐジャーナリストの殺害」
NHK-BS1 11月9日 22:10〜23:00
 
チェチェン・ロシア関係の番組紹介です。

ロシアではゴルバチョフがグラスノスチを提唱して以来100人を超える
ジャーナリストが殺害されている。今プーチン大統領のもとでテレビ・新聞に
対する統制が強化されるなか、時流に反して政府の汚職・企業の不正を追及す
る独立系の新聞社の記者の間に犠牲者があい次いでいる。そして現政権の検察
はジャーナリストの殺害の捜査に必ずしも積極的ではない。番組は、2代続け
て編集長が殺され独自の捜査に乗り出したシベリアの工業都市の地方紙と記者
に加えられた暴力に取材で対抗する全国紙「ノバヤ・ガゼッタ」という2つの
新聞の編集部を舞台に、真実を求め戦うジャーナリストの日常を追う。撮影は
2003年11月。

 編集長の死は偶発か 検察と戦う地方紙
 モスクワから南東に1000キロ、自動車産業を中心とした人口70万のトリアッ
ティ市は汚職の多発地帯、この7年で汚職に関係して300件の殺人事件が発生し
ている。この町の地方紙「オブザーバー」では2002年と翌03年2代続けて編集
長が殺害された。2003年の事件では、検察が殺害は偶発的でジャーナリストと
しての活動とは無関係と発表、これに対し新聞社は弁護士を雇って真相に迫
る。カメラは弁護士による調査を追う。

 モスクワ・孤高の全国紙 編集部の苦闘
 ロシアで発行される新聞・およそ22000紙の多くが大企業・政府に所有され
るなか、独立した経営のもと調査報道を展開してきたのがモスクワに本拠を置
く全国紙「ノバヤ・ガゼッタ」紙だ。編集長はゴルバチョフ元大統領の友人で
グラスノスチの精神にいまなお忠実であろうとしている。記者の中にはチェ
チェン紛争に疑問を感じた元軍人もいる。2003年、地方都市に駐在する記者が
地元の有力者を紙面で批判したところ、何者かによって重傷を負った。編集長
は実力 NO.1の記者を派遣、事件の背景を明らかにしようとする。

[制 作] フランス・ドイツ:2004年
[原 題] The Russian Newspaper Murders

番組についてのご意見、ご感想をNHKまで。
よい番組と思ったら「再放送してほしい」、そうでなければ、
「つっこみが甘い」etc. 番組名を明記してください。

ご意見フォーム:
https://www.nhk.or.jp/plaza/mail/index.html
posted by PPFV at 20:40| Comment(2) | TrackBack(2) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天皇発言について見解訂正、及びおわび

先日の拙ブログでのエントリー「天皇は左翼!?」について
「当然天皇の政治的発言に関しては一線引かなければならない」と思いは抱きつつも「若干好意的に受け取っていた見解」を全面的に撤回訂正させていただくとともにおわびいたします。
日ごろ天皇を持ち上げる方々に対し「今回の発言をどう思うか」ということが主旨だったのですが、そのこと自体があまり意味を持たないばかりか、天皇の政治的発言を暗に認めているとも受け取られかねないエントリーであったと思います。
「都教委による強制」の実態に非常に危機感を覚えているところに、あの発言を受け、冷静さを欠いたエントリーであったことを反省しています。

改めて
※「米長発言」、「天皇発言」、「都教委による強制」ともに絶対にあってはならない、また許してはならないことと考えます。

天皇は左翼!?
http://ppfvblog.seesaa.net/article/911008.html#comment

>でも、とりようによっては
>「やはり強制にならないことが望ましいですね」
>=「自主的にそうするようになることが望ましいですね」
>=「教育勅語などが復活して国民が戦前のようになることが望ましいですね」
>ともとれませんか。

というコメントをいただいたにもかかわらず

>私は案外「純粋に」強制を嫌う姿勢と好意的に受け取りました。
>皇太子の一時期物議をかもした一連の発言など、父親の考えを少なからず受けているような印象を持ちます。

などという能天気なコメントを返してしまいました。
さらにそのコメントしていただいた晴天背景さんのブログにて、以下の示唆に富む記事をエントリーいただいたにもかかわらず、反応できませんでした。

Isn't Japan emperor just a symbol of Japan?(晴天背景)
http://sierra.seesaa.net/article/926114.html

さらには右翼と称する方からもその点についてご批判受けました。
♪すいか泥棒 日曜版 http://subakdoduk.exblog.jp/m2004-10-01/#1246474
天皇発言に対する問題意識についてのご指摘は、まさしくその通りで、ご指摘に感謝申し上げます。

以下のエントリーを拝見してようやく問題の本質に気がついた次第です。

政治的な発言は無い事が望ましいですね(反米嫌日戦線)
http://ch.kitaguni.tv/u/5028/%a4%e4%a4%f3%a4%b4%a4%c8%a4%ca%a4%ad%bf%cd%a4%bf%a4%c1/0000145993.html
posted by PPFV at 19:51| Comment(6) | TrackBack(4) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無法国家の犬には「悲痛な声」は聞こえない

Video The Vote:カメラが捉えたオハイオの投票妨害
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2004/11/video_the_vote.html

懸念されていたにもかかわらず、このような行為がまかり通る、まさに無法地帯です。
こんな選挙もまともにやれない国の、いかさま選挙で選ばれた大統領にくっついて・・・

ファルージャ攻撃『成功させなきゃ』首相、支持鮮明(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sei/20041109/eve_____sei_____000.shtml

こんなたわごと言っていていいのか。本当にこんな国についていっていいのか。
そんな中、イラクからは悲痛な声が聞こえてくる。

[アラブの声]イラク人医師モハメドさんからのメール続きを読む
posted by PPFV at 19:34| Comment(1) | TrackBack(1) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。