2004年12月10日

転載[メタノイア]ひとりひとりのいのち、ひとりひとりの人生/佐高 信

−約2年前(2002年11月)の記事です。

ひとりひとりのいのち、ひとりひとりの人生/佐高 信(評論家) メタノイア No.160より
http://www.osaka.catholic.jp/sinapis/overseas/tokimeta/m02/m0212.html

 きょうのテーマは「ひとりひとりのいのち、ひとりひとりの人生」てすが、そのために何が必要なのか。アメリカは今、明らかに弱肉強食の政策を遂行し、一人ひとりのいのちを大事にしない。そのブッシュにもう少しちゃんとものを言え、と小泉さんに言いたい。アメリカは日本の不良債権処理を急ぐように注文をつけているが、日本はアメリカの国債を政府をはじめ、各銀行、各生命保険、各損害保険も買っている。その額は 300兆円にもなるが、売り飛ばしたら大変なことになる。昨年末、ある大手銀行が経営が苦しくなって米国債を売ろうとした。日本銀行が「いくらでも貸すから」と言ってあわてて止めた。暴力団アメリカ組への上納金みたいなものだから、売ることができない。それでも、ブッシュからいろんなことを言われたら、「日本もちゃんと協力してますよ」となぜ言えないのか。経済問題はお互いの関係なんです。アメリカから言われっぱなしということはありえない。ところが、マスコミには米国債の話が出てこない。
 小泉さんは銀行に弱い。小泉さんは「大蔵族」で育ってきて、イコール「銀行族」ですから、銀行にきわめて甘い。竹中にいろんなことを指示していますが、竹中というのはダメな人です。何にも分かっていない。権力が好きでうろちょろするだけです。政策担当者は信頼感が一番大事なんです。ある銀行の頭取は「この医者にかかってなら、死んでもしょうがないという医者がいる。竹中という人はまったく正反対で、この医者にかかってだけは死にたくないという人なんです」と言っていた。人間としての信頼感がゼロですね。私の兄貴分の高杉良さんがこういうことを言っていました。「1月1日に日本に居ないと住民税を払う必要がないが、竹中という人は8年間連続で税金逃れをやっている」と。だから、私はサンデー毎日に「これでは、野村サッチー以下である。サッチーがかわいそうに見えてくる」と書いた。サッチーが知っていたら、当然やったでしょう。知らないから捕まった。自分が痛みを逃れる人間が、他人に痛みを押しつけるとは何事かと思う。こういう人間に私は「痛みを負え」と言われたくない。

続きを読む
posted by PPFV at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武部氏妄言「フリーターは自衛隊にでも入ってサマワへ」

「自衛隊にでも入ってサマワへ」 フリーター巡り武部氏(朝日新聞)
http://www.asahi.com/politics/update/1209/008.html

この番組は通勤途上聴いていたが、パーソナリティの七尾藍佳氏、このニュース読みながら鋭い突っ込み。(記憶によるので多少不正確かもしれないが)

・・・首相の自衛隊の活動は「国益にかなう」という発言に対して
  「要は日米同盟でしょう?国際協調の観点から国益にかなうかは疑問」
・・・武部発言に対して
  「教育問題と自衛隊を結びつける?まったく」とあきれ口調。

FM東京はまだ機能しているぞ。応援しつつ番組降ろされないことを祈る。
posted by PPFV at 12:01| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。