2005年01月13日

[アラブの声ML]国連前高官:ブッシュは世界一の独裁者 国連は米国の道具

国連前高官:ブッシュは世界一の独裁者 国連は米国の道具
http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/message/307

 国連事務総長のデニス・ホリデイ前補佐官は、ジョージ・ブッシュ米国大統領を、イラクやパレスチナ、アフガニスタンでの犯罪行為に関与した世界で最大の独裁者と評した。

 ホリデイは「今日国連は米国の目的を達成するための道具に成り果てた。よって、米国の覇権の手を伸ばすための道具としての国連の役割を、世界は拒絶しなくてはならない」

 5日朝にエジプト報道者組合が組織したシンポジウムの席上ホリデイは語り続けた。「米国は自国の利益が脅かされないようにするために自国のシステムを中東に強制しようとしている。また米国が主張するような民主主義ではなく、石油を初めとするアラブの天然資源を消耗し尽くすために覇権を押し付けている」

 ホリデイは、米国のアラブ世界への覇権押し付けを、アメリカからの津波になぞらえた。また「米国によるイラク侵略とその結果は、国連憲章や捕虜の取り扱いを定めたジュネーブ条約の明白な違反である」と述べた。

 「イラク抵抗勢力は、自国を解放するための正当な権利を行使している。国連憲章は、占領下における個人の正当防衛権を謳っている」
http://www.albasrah.net/maqalat_mukhtara/arabic/0105/omami_120105.htm
****
子供でも分かる極当たり前のことを語れる日本の政治家、外交官、メディアはどれほど居るのだろうか?
****

アラブの声ML 齊藤力二朗
http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/



《参考サイト》
デニス・ホリデイ(デニス・J・ハリデイ)氏の経歴についてはこちらが参考になる。
http://www.icti-e.com/tokyo-syogen.html

こちらのサイト「アメリカの戦争拡大と日本の有事法制に反対する署名運動http://www.jca.apc.org/stopUSwar/
」に氏へのインタビュー記事
これが「解放」か! これが「自由」か!深刻かつ重大な人道的危機を生み出した米英のイラク侵略
http://www.jca.apc.org/stopUSwar/Iraq/humanitarian_crisis.htm

国連イラク査察 戦争の犠牲者は国民と警告 反戦訴え、続々イラク入り(2003/1/31共同ニュース)
http://news.kyodo.co.jp/kyodonews/2003/iraq/news/0131-170.html

ヤパーナ社会フォーラム
http://japana.org/start.html
アメリカの危険な冒険 安濃一樹
http://japana.org/peace/japana/reckless_adventure.html

上記より一部引用

1998年、国連の事務総長補佐だったデニス・ハリデイ氏が経済制裁に抗議して辞任している。彼はイラクで人道支援コーディネーターを務めていた。後任のハンス・フォン・スポネック氏も同じように辞任した。イラクの実情と国連の活動に最も詳しい二人が相次いで辞任したのは、先進諸国の偽善を告発するためである。民族の虐殺という人道に反する巨大な犯罪が、経済制裁によって行われていると彼らは断言する。

経済制裁の即時停止を訴えて、今も彼らは世界をまわっている。しかし、アメリカや日本だけでなく世界の主流メディアは二人の活動をまったくと言っていいほど報道しない。

アメリカとイギリス・フランスが強要した経済制裁を、日本をふくむ先進諸国が追認した。国連が科した制裁は、湾岸戦争で破壊されたインフラの復旧を妨げ、イラク経済の崩壊を確実にするための戦略である。イラク市民の犠牲者数は、これまで世界が目にした大量破壊兵器による死者総数をはるかに超えた。

こうして疲弊しきったイラク社会にアメリカは戦争をしかけ、さらに殺戮(さつりく)を繰り返そうとしている。



私たちは本当のことを知らされていないということを認識すべきである。
朝鮮民主主義人民共和国のことを笑っている場合ではないのである。
posted by PPFV at 22:04| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。