2005年04月11日

教科書問題その他〜各国の反応

日本は過去の清算を 英紙 教科書問題で指摘(しんぶん赤旗2005/4/10)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-04-10/06_02.html

韓国大統領 「日本は侵略正当化」 独紙で欧州と対比して批判(しんぶん赤旗2005/4/9)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-04-09/07_01.html

「日本の行為は全世界の大きな不幸」:盧武鉉大統領ドイツ紙インタビュー(撫順の奇蹟を受け継ぐMLより転載)

日本の友人のみなさま、
来週のドイツ訪問を前に、フランクフルトの保守系新聞に掲載された韓国大統領のインタヴュー記事の翻訳を送ります。第三者、しかもヨーロッパの主要紙に対するこれほど厳しい韓国大統領の批判を日本政府はどのように受け止めているのでしょうか。
いつもの通り、以下の転載を歓迎いたします。
ベルリン 梶村太一郎

フランクフルター・アルゲマイネ紙の、訪独を前にした盧武鉉韓国大統領とのインタヴュー記事の日本批判に関する部分(記事の前半)の翻訳、 2005年 4月8日付政治面第5面より。
訳責は梶村太一郎、ベルリンにあります。文中( )内は訳注です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(大見出し)「日本人は侵略戦争の正当化を望んでいる」
(小見出し)盧武鉉韓国大統領との対話/ドイツへの賞賛と、アメリカの北朝鮮政策への賞賛
アンネ・シュネッペン記者
2005年4月7日ソウル発。

韓国の大統領がドイツ訪問をする時には、彼の興味は明白だ:
経済協力とドイツの統一の体験だ。ところが盧武鉉は別に重点を置いている:彼は「ドイツがいかにして、戦争の傷を癒し、克服し、またヨーロッパの統合過 程を推進することに成功したのか」について特別の興味があるという。本紙とのインタヴューで韓国大統領は、ドイツとフランスの間の和解とヨーロッパの理念を強調した。彼のドイツへの賞賛は、その尋常ではない明確な日本への批判と対称をなすものだ。直接的な比較を避けながらも、彼は過去の克服について根本的な差異を指摘した。「本当の問題は日本人が、彼らのかつての侵略戦争を白紙化し、正当化しようと望んでいるところにある。そこで韓国人の感受性にとって決定的なのは、もし日本が彼らの歴史を賛美する幻想を若い世代に伝えようとするならば、そのような教育は,平和な未来に対する私たちの希望を台無しにしてしまうということです」。盧は、日本のかつての植民地支配と軍国主義を根源とする韓日関係の危機が、次第に高まりつつあるさなかにドイツを訪問する。

「日本が様々な謝罪をしたことは確かです。しかし最近の出来事はこれらの謝罪を一度に無効にしてしまいました。謝罪というものはその後の行為がそれを損なってしまわない限りにおいてのみ有効であるのです」。ここで盧が触れているのは、ソウルと東京の間の最近の争いのことだ。まず問題となっているのは、先の火曜日に日本の文部科学省により認可された、歴史を改竄した新しい歴史教科書についてである。また最近、日本の島根県が、その所有権を要求し記念日を制定した小さな諸島の件である。特に、日本は竹島と名付けているのだが、この独島に対する挑発は、韓国で激しい感情的な抗議を呼び起こした。「独島は私たちが侵略戦争で奪われた領土の一部です。50年代になってやっと取り返す事が出来た島です。侵略戦争の略奪物であったこの島を返還せよと言う要求は、韓国の国民には受け入れがたいものです」と盧は言う。このところ東京では,彼が感情を煽っているとの非難がある。ソウルの山麓にある環境の良い青瓦台の大統領府での対話では、盧は当面する危機について、始終静かに落ち着いて話し、準備もなしに歴史の研究報告をした。日露戦争のさなかの1905年2月22日に、日本はこの島がどこにも属していないとの理由で,独島を自国領土に編入した。日本人はこの時の告示を根拠にしている。しかし韓国政府はその日本の声明の5年前に(勅令で)所有権を明らかにしていた。「私たちの権利の証拠は多くある。しかし、証拠よりも重要なのは、この島が戦争のさなかに、侵略行為の一環として日本の領土とされたことです」

盧は,2003年の段階では、日本に対してさらなる謝罪の要求をせず,過去を静かにしておくつもりであったことを自覚している。しかし,彼が大統領になった2003年2月以来、日本の政治家の「主流」が台頭してきたという。「私たちはできれば過去の事項について議論しないで済むようでありたいのです。私たちは永久に過去を思い出し、いまだにそれについて話したくはないのです。決して幸せな過去ではなかったのですからね。しかし,日本が現在のような姿勢の方向をさらに進めるなら、韓国の国民は,同様な出来事が繰り返される可能性があると、憂慮と恐怖心をもって考えることになります」。このかつての人権弁護士は,日本の過去の克服をめぐる議論が、東京とその近隣諸国との単なる争いであると見なしているだけではない。「結論としてまた、この日本の行為は全人類に通用する価値と一致しないものです」。盧の判決は厳しい:「私たちが、侵略行為を他者に対して栄光とするような者と一緒に生きていかねばならないのは、まさに全世界にとっても大きな不幸です」。

韓国の国家の長は,彼がこの日本との政治的、歴史的な争いをどの程度までエスカレートさせるつもりであるかについては意見を述べなかった。そのかわりに彼は、彼が極東には欠落しているとみなしているヨーロッパの構造については、まるで物悲しいように注意をうながした:「私は、ドイツとフランスの間で可能であった和解の過程と、それに伴う鉄鋼石炭同盟からヨーロッパ共同体、ヨーロッパ同盟に至るゆっくりとした発展について、興味と大きな驚きをもって注目しています。私はドイツがいかにして、自己の最近の過去と対決し、隣人たちと和解することに成功したのか、またそのような過程で生まれる内部の緊張を乗り越えたかについて感嘆しています。なぜなら、まさに東北アジア、中国、日本、韓国(原文はKorea)間においては、まったくそのような希望の兆候もないからです。ですから余計に私は,『ドイツの事例』と全体としてのヨーロッパに対し、より大きな敬意を抱くのです」。日本の常任理事会への大望については、盧はコメントをするつもりはなかったが、ドイツに関する同じ質問では、彼の表情は緩んだのである。この表情を解釈することは可能だ。

(訳者注:以上が盧大統領が日本について語った部分です。以下、北朝鮮との関係、アメリカの北朝鮮政策、また朝鮮半島の統一とドイツの統一に関する部分がありますが、省略します。なお、日刊紙フランクフルター・アルゲマイネはヨーロッパの中でも保守系主流の全国紙のひとつで、大統領とのインタヴューは第一面の第二番目の記事で要約が掲載されており、政治面で全体が大統領の顔写真とともに掲載されました。原文は:http://www.faz.net/s/RubDDBDABB9457A437BAA85A49C26FB23A0/
Doc~EFFD2C690A9B44454824A64B884F2D197~ATpl~Ecommon~Scontent.html)

posted by PPFV at 15:34| Comment(2) | TrackBack(3) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[撫順の奇蹟を受け継ぐML]ネイチャー4月6日記事〜北朝鮮遺骨問題

ネイチャー2月3日号で記事を書いたシラノスキー記者が4月6日号で、再度、吉井講師の転職に関して記事を書いています。  (ネイチャー記事としては3度目)
http://www.nature.com/news/2005/050404/pf/434685a_pf.html

 その全訳を紹介します。(局所的誤訳はお許しを!)
  重複お許しください。  (転送転載歓迎)     野田
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        転職は日本の拉致調査を阻害する
                       デイビッド シラノスキー

  遺伝学者の新たなポストはDNA鑑定に関する彼の証言を阻む恐れ

 北朝鮮に拉致された日本人の運命に関する騒動に再度、火をつけた一人の遺伝学者が、そのほんの数週間後に、警視庁の要職に就いた。

 しかし批評家たちは吉井富夫氏の帝京大学から警視庁科学捜査研究所長への転進は彼のDNA鑑定の精度に関する問い合わせから彼を守るために計画されたと主張している。野党民主党の首藤信彦議員は3月30日の議会における町村外務大臣との激しいやりとりのなかで、政府が吉井氏を新地位に移すよう影響力を行使したことをほのめかした。

 日本政府は吉井氏のDNA分析は、昨年北朝鮮から提供された火葬遺骨が1977年に拉致された横田めぐみさんとは別人のものであることを疑いもなく証明していると主張した。日本は横田さん、そして拉致されたとされる他の数名の消息の詳細を求めてきた。

 しかし吉井氏はネイチャーとのインタビューにおいて彼の結果がコンタミ(汚染)の結果でありうることを認めた。(ネイチャー433号 445ページ2005年参照) 日本政府高官は、吉井氏は自らの発言が誤って引用されたと言っていると主張し、ネイチャー記事に反論した。以後、オーストラリアのドキュメンタリーフィルムメーカー、韓国の放送局、また他のリポーターが吉井氏にインタービューを試みたが成功していない。

 首藤氏は吉井氏にこの件に関し、衆議院外務委員会で証言して欲しいと言っている。しかし吉井氏の警察の新地位においては、彼の雇用主が同意しないかぎり出席できないことになっており、その調整が妨害として使われていると首藤氏は言っている。3月30日の議論のなかで首藤氏は町村氏に、一民間人のおよそ警察的な訓練を受けていない人が突然、警視庁の高い地位に就くというのは「驚き」だと語った。彼は「これは証人隠しではないのか」と尋ねた。

 遺骨からはDNAは検出できなかったという、千葉の科学警察研究所の正反対の報告にもかかわらず、政府は吉井氏の結果を断定的なものとして受け止めた。

 首藤氏は町村氏に「巨大な研究機関の言葉を越えて、一私立大学の一研究者の言葉を受け入れるというのであれば、そのような研究機関は廃止してしまうべきではないのか」と迫った。町村氏は首藤氏の質問を“侮辱”と呼び、内閣は真剣に調査に取り組んできたと述べた。彼は「私どもは予め決まった結論を出そうとしたのではない、委員はもっと慎重に言葉を選んで欲しい」と抗議した。

 首藤氏はなお吉井氏を証言に喚問することを計画している、そしてなぜ政府が吉井氏の結果をそれほど尊重するのか、その真相に迫ると首藤氏は言っている。彼は「もしも日本がこの方向に進み続けるなら、日本の科学の評価は根底からつき崩される」と警告している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  翻訳  野田隆三郎



<2005/4/11 15:45追記>
米専門家も日本の遺骨鑑定に疑問(朝鮮日報200/4/8)
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/04/08/20050408000036.html
米誌「TIME」アジア版最新号(4月4日付)での報道
posted by PPFV at 13:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。