2005年05月25日

[北京放送]日本はなぜ罪悪感を持たないか

日本はなぜ罪悪感を持たないか(1)
http://jp.chinabroadcast.cn/1/2005/05/18/1@40891.htm

日本はなぜ罪悪感を持たないか(2)
http://jp.chinabroadcast.cn/1/2005/05/18/1@40893.htm

 5月9日にモスクワで行われた大祖国防衛戦争勝利60周年を記念するイベントでは、各国の指導者が、観閲台の下を通って、無名戦士の墓にゆっくりと向かう時、日本の小泉首相は急にスピードを出して列の先端に出て、アメリカのブッシュ大統領の肩を叩いたり、ジョークを言ったりして、まるで宴会でも行くようでした。一方、2人の後ろを歩いているドイツのシュレーダー首相は端正で厳粛な表情をしています。


冒頭から衝撃的な(かつ顔から火が出るような)指摘である。一国の首相の行動に一国民がなぜ恥ずかしい思いをせねばならんのか・・・(汗)
この問題に無自覚かつ不感症であることは、もはや過去の加害責任だけにとどまらず、現在進行形で加害を繰り返しているようなものだ。
posted by PPFV at 00:50| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[人民日報]なぜ米国は中国の軍事力を過大評価するのか

なぜ米国は中国の軍事力を過大評価するのか(評論)(人民日報2005/5/24)
http://www.people.ne.jp/2005/05/24/jp20050524_50289.html
posted by PPFV at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。