2005年09月08日

[JCJフラッシュ]読売新聞は、立候補者を国民へ正確に知らせる義務を放棄しています

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2005/09/07 826号                     (転送紹介歓迎)
[JCJふらっしゅ]

世界の平和にかかわる最新ニュース、マスメディアのニュースの検証など、市民とジ
ャーナリストを真実の情報でつなぐメールマガジンです。メディア関係者、ジャーナ
リスト志望学生必見の情報を満載。
◇バックナンバー◇ http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000102032
◇購読申込み◇ http://www.mag2.com/m/0000102032.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎◎メディアチェック◎◎
 読売新聞は、立候補者を国民へ正確に知らせる義務を放棄しています。

 中田妙佳

 読売新聞は、立候補者を国民へ正確に知らせる義務を放棄しています。読売新聞電
子版上の小選挙区候補者一覧表に、天木直人さん(神奈川11区)の名前・写真の脇
の肩書きの欄に「著述業」と記されていたので、疑問をもちました。

 他の新聞を開くと、東京新聞=(元)駐レバノン大使、毎日新聞=元外交官、朝日
新聞=元レバノン大使、読売新聞=著述業、産経新聞=一覧表見当たらず、日経新聞
=一覧表見当たらず、という情況でした。

 翌日、天木直人さん本人の経歴の届出を横須賀選管に問い合わせました。選管届出
の公示には『外交評論家』と記載されているそうです。「新聞社が調査したのと、組
み合わせて書くことは、かまわないが事実とちがう場合は、その新聞社に抗議される
といいです。」と案外真面目な回答がありました。

 あれほど公職選挙法で、選挙民の活動をしばりながら、マスメディアの報道へは、
こまねいて見ているようですが、読売の「著述業」の記載についてはその選管担当者
はご存知なかったようです。

 下記の、読売新聞「読者センター」に電話をしました。こちらがきちんと調べてい
るとは、その「意見」の担当は思っていなかったので、強気でした。追及すると、次
々変えて、最後は、天木さん本人に記者が直接聞いたなどと、苦しい嘘をついていま
した。そのことも追求されると、最後は、また居直っていました。

 「つくる会」のメンバーや、NHKや役人の回答と似ていて、大事にならなければ、
一般人には、傲慢な態度は同じです。TBSの虚偽の報道の時も同じ感じを受けまし
た。マスメディアの腐敗は、彼らは十分わかっていて情報を操作しています。候補者
の正確な情報を選挙民に伝える最低のモラルも欠如しているマスメディアに対しては、
しっかり腹を立て抗議していくことが大事だと思います。
 読売新聞に問い合わせと、抗議をしてください。

・読売新聞 立候補者 小選挙区 神奈川
http://www.yomiuri.co.jp/election2005/kouji/ya14.htm

<東京本社>
「読者センター」
お問い合わせ 電話:03-3246-2323
ご意見     電話:03-3246-5858
・午前9時から午後10時まで
・こちらの入力フォームでも受け付けています。
https://app.yomiuri.co.jp/form/index.php

<大阪本社>
 「読者センター」電話:06-6881-7000
平日(月―金) 午前9時から午後9時まで
土曜、日曜、祝日 午前9時半から午後5時半まで
(休刊日は受け付けていません)
こちらの入力フォームでも受け付けています。
https://app.yomiuri.co.jp/osaka/form/



posted by PPFV at 00:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。