2005年09月14日

副次効果に期待〜早くみんな気づけ

教科書・拉致・靖国…メンバー相次ぐ落選 自民「保守派」思わぬピンチ(産経新聞2005/9/15)
http://www.sankei.co.jp/news/050914/morning/14pol003.htm

闇雲に「ニセ改革」を叫び続けた結果、副作用があらわれた模様。

「最重要課題憲法改正だ」自民・安倍幹事長代理が発言(しんぶん赤旗2005/9/15)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-09-14/2005091402_05_1.html

最重要課題は「郵政民営化」オンリーではなかったのか?
選挙が終わったと思ったらいきなりこれだ。
コテコテに予想通りの成り行きで聞いている方が恥ずかしい。
本音を語るのはあまりに時期尚早だと思うが、私の立場からすれば副作用(副次効果)
に期待してしまうのである。


posted by PPFV at 20:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本来の野党とのせめぎ合いこそ大事

ブログ「これでいいのか?」さんのエントリー
政権選択?
http://korede.iinoka.net/archives/000074.html

 「誰が政治を行うか」だけ考えれば、「勝った負けた」は自民党(+公明党)と民主党の議席数のどちらが多いか、だけを考えればいいのでしょう。しかし、「どのような政治が行われるか」を考えると、重要なのはむしろ「全議席数に対する、自民党的政治を行う議員の比率」になるのでは、と思っています。


との主張には全く同感です。
「政権交代」こそ唯一の道、とにかく変えれば事態は好転する、などなど大いに語られてきました。
しかし過去を振り返れば「政権交代」が実現された時には、なるほど「ろくなことなかった」とも言えます。
「重要なのは自民党的政治を行う議員の比率!」その認識に立って投票してきました。
自民&民主の間で議席が右往左往しようが(そのことで話は持ちきりですが)重要ではありません。
本来の野党とのせめぎ合いこそが求められるのだと思います。
posted by PPFV at 00:21| Comment(5) | TrackBack(0) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。