2005年09月21日

[JANJAN]後藤田正晴さんが逝去

後藤田正晴さんが逝去(JANJAN2005/9/21)
http://www.janjan.jp/government/0509/0509212743/1.php?PHPSESSID=bf93cc6bd315c47acd3ff2936f39e33b

何とも突然で本当に残念だ。
この政治状況をどういう思いをいだきつつ亡くなられたのだろう。
氏の思いは受け継がれなければならない。

後藤田氏の訃報を伝える記事は数々ありますがJANJANの記事がとてもいいと思ったのでリンク張りました。いい言葉がたくさん詰まっています。
心よりご冥福をお祈りします。
《一部引用》

日本が目指すべき国のあり方として3つのキーワードを上げられました。

「第一に平和の国 日本」「第二は自主の国 日本」「第三に共生の国 日本」。

 それぞれの国々や民族が歴史なり文化なり伝統なりを持っている。それらを尊重し合い支え合って共に生きていくことが最も大事だ。戦前から戦後にかけての激動の歴史を見続けてきた後藤田さんは、ご自身の体験を踏まえて、今後の日本がそういう世界の実現に向けて少しずつでも前進するようリードしていってほしいという願いを込めておられたと、私たちは受け止めています。


今の日本、その3つのキーワードすべてをかなぐり捨てようとしているようです。

いま何を考えるか 戦後60年の夏 −後藤田正晴氏は語る−(JANJAN2005/9/6)
http://www.janjan.jp/special/interview/gotoda.php


posted by PPFV at 20:31| Comment(0) | TrackBack(3) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[しんぶん赤旗]NHK 受信料の強制徴収も 「新生プラン」

NHK 受信料の強制徴収も 「新生プラン」政治介入にはふれず(しんぶん赤旗2005/9/21)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-09-21/2005092101_02_2.html

「強制徴収」となればTV廃棄で対抗しようかとも思いますが・・・
テレビの有無などどうやって証明するのでしょうか。
「家宅捜索」でもやるのでしょうか。
NHKは見ないが民放は見たいと言う人たちの権利はどうやって保証するのでしょうか。
などなど、単純に運用上の疑問も色々あったりするわけですが、根本的問題に言及することなく「強制徴収」などという愚策に出れば、さらに多くの視聴者を敵に回すことになりそうです。

NHK受信料支払い停止運動の会
http://www.geocities.jp/shiharaiteishi/

【資料】「NHK受信料支払い停止運動の会」の見解と申し入れ全文(日刊ベリタ2005/9/21)
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200509210417463

あいまいな政治介入排除策、受信料不払いへの法的措置は疑問 「NHK新生プラン」に市民団体(日刊ベリタ2005/9/19)
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200509191556161

不払いに悲鳴 『法的措置』明言 再生へ窮余の“強権”(東京新聞核心2005/9/21)
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kakushin/20050921/mng_____kakushin000.shtml

NHK新生プラン(NHKホームページ)
http://www3.nhk.or.jp/pr/keiei/plan/plan-001.html
posted by PPFV at 20:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。