2006年11月10日

教育基本法特別委員会における高橋哲哉氏の意見陳述

教育基本法:採決日程で攻防 衆院特別委(毎日新聞2006/11/7)
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/kokkai/news/20061108k0000m010087000c.html

(一部抜粋) 「衆院で止めるのは難しいと思うが、参院で国民世論の理解を得るよう頑張る」。野党筆頭理事の中井洽氏は7日の民主党代議士会で語った。衆院採決を近く容認することを示唆し、抵抗のバトンを参院に渡す「終戦」宣言と受け取られた。

 民主党は同日、小沢一郎代表や鳩山由紀夫幹事長らが国会対応を協議し、防衛庁省昇格法案の衆院採決を沖縄県知事選(19日投票)以降に引き延ばす方針を確認。与党側も採決強行は知事選に悪影響を及ぼしかねないとみており、同法案の採決先送りで折り合う雰囲気の中、教育基本法改正案では正面衝突を避けたいのが民主党の本音。審議拒否など強硬な抵抗手段はとらない構えだ。


民主党にとっては「教育基本法改正反対」の姿勢も単なる「政治的駆引き」のひとつのネタに過ぎないのだろう。
そもそも「教育基本法の基本理念」の何たるかを思えば、同じくその魂を抜こうとしていることにおいて同類の「民主党案」などを出してきている政党の言うことである。
反対でもなんでもない!のではないか?
早々に「終戦宣言」出したところで不思議はないね。

↓当エントリーの主旨はこれ、是非ご一読を!

高橋哲哉氏意見陳述(教基特名古屋地方公聴会) (保坂展人のどこどこ日記2006/11/9)
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/91f9142302290e07607c3ce85c065ee1


posted by PPFV at 20:42| パリ | Comment(1) | TrackBack(2) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。