2006年12月17日

「それでも民主党を支持します」とはあまりに無責任ではないか

国会閉会へ 民主党の顔も見えなかった(毎日新聞社説2006/12/16)
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/shasetsu/news/20061217k0000m070113000c.html

 安倍政権発足後、初の臨時国会が事実上閉会した。改正教育基本法の成立をひたすら急いだ政府・与党は批判されて当然だ。ただ、多くの疑問を残したまま同法が成立した責任は民主党にもある。一体、この国会で民主党は何をしたかったのだろう。同党は今、安倍晋三首相以上に顔が見えない状態にある。

 来夏の参院選での選挙協力をねらって野党共闘を優先するというのが小沢一郎・民主党代表の戦略だったようだ。

 だが、同党は先の通常国会で、「愛国心」に関して「日本を愛する心を涵養(かんよう)」と表記するなど政府・与党の考え方と共通点も多い対案を提出している。どこまで党内意見が一致していたか疑問もあるが、対案を出した以上、教育基本法は改正の必要ありと党として判断したということだ。

 そこが、改正は不要とする共産党や社民党とは根本的に異なっており、元々、共闘には無理があったのではなかろうか。結局、民主党は自らの対案成立を強く求めようともせず、慎重審議を訴えるだけだった。これでは民主党が何を考えているのか、国民には分からない。しかも、民主党の参院側の一部は与党との修正協議を一時は模索するというちぐはぐさだ。

 他の野党に押されて、衆院での内閣不信任案提出では何とか足並みをそろえたものの、民主党の参院側は共産、社民両党が呼びかけた安倍首相に対する問責決議案提出に応じず、最後は共闘も破たんした。与党が国会の会期を4日間延長したのは、「会期延長に追い込んだ」とアピールできるよう民主党のメンツを立てたとも言われている。そうだとしたら、「やらせ延長」というべきであり、かつての55年体制に逆戻りする与野党のもたれ合いではないか。

 成立までの審議でも民主党の影は薄かったことも指摘しなければならない。タウンミーティングの「やらせ質問」問題など安倍内閣を追いつめる材料はあった。ところが、この問題は共産党の指摘で明らかになったものだ。その後、社民党も独自の資料を入手して追及を重ねたのに対し、民主党は「自らの手がらにならない」とばかりに消極的だったのだ。

 民主党は週明けに参院選マニフェストの土台となる基本政策を正式にまとめる。党内の指摘を受けて原案を変更し、年金改革では従来のマニフェストと同様、基礎年金部分は「全額税方式」に戻すが、消費税率は現行の5%を維持するという。増税は選挙にマイナスになるという判断だろうが、財源をどうするのか、与党などから「つじつまが合わない」との批判が出るのは確実だ。

 肝心な点がおろそかになっていないか。国会という表舞台で政府・与党を厳しく追及し、同時に、綿密で魅力のある政策を作っていく。これも大事で、かつ有効な選挙対策ではないのか。

 顔が見えないと言われる首相に対し、野党第1党のこの体たらく。今の政治状況は深刻だ。それが見えてきた国会でもあった。


社説にこうも明確に指摘される民主党の欺瞞は、その支持者が忌み嫌っているはずの自民党に願ってもない力を与えている。
民主党支持者はこのことをどう捉えているのか。
民主党との選挙協力を明確に拒否した共産党に対しては多くの批判がなされてきた。つい先ごろの話である。その拒否の論拠が今回実証されたようなものなのだ。
しかし、そんな厳しい批判も民主党に対してほとんど聞こえてこない。いまだに「共産党批判バナー」などはっているものもいる。
身内に甘いのは自民党だけではないのか。
「それでも民主党を支持します」など夢を追うのも結構だがあまりに無責任ではないか。
普段威勢のいい自民党批判を続けたところで、こんな民主党の態度に沈黙を守っているようでは、信頼に値しない。
それほど民主党の罪は重いと思っている。



posted by PPFV at 12:36| パリ ☀| Comment(8) | TrackBack(7) | 政権交代真理教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。