2006年12月25日

[朝日新聞]言論の覚悟 ナショナリズムの道具ではない

言論の覚悟 ナショナリズムの道具ではない(朝日新聞コラム風考計2006/12/25)
http://www.asahi.com/column/wakamiya/TKY200612250160.html

久しぶりに読み応えのある「覚悟」を感じるコラムだった。
これで最終回というのはまことに残念である。
死に際の真実の吐露を聞いているようで何だか不安に駆られたりもする。
これが朝日のジャーナリズムとしての遺言とならぬことを祈る。


posted by PPFV at 18:12| パリ 🌁| Comment(0) | TrackBack(3) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[東京新聞]週のはじめに考える 気になる『愛国教育』

週のはじめに考える 気になる『愛国教育』(東京新聞社説2006/12/24)
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sha/20061224/col_____sha_____001.shtml

 いま戦前を振り返れば、当時の国策に反対するのが最も愛国的だったという理屈も成り立ちます。各個人によるさまざまな国の愛し方を認めることが国を誤らない最良の方法です。


 本来、政治家がやるべき仕事は、国民に国を愛せよと言うことではなく、国民が愛するに値する国づくりに心血を注ぐことでしょう。

posted by PPFV at 17:46| パリ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。