2007年03月09日

民主党の歴史観、歴史認識は?

首相は歴史観説明を=小沢民主党代表(時事通信2007/3/9)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070308-00000138-jij-pol

 民主党の小沢一郎代表は8日の甲府市内での記者会見で、従軍慰安婦問題をめぐる安倍晋三首相の一連の発言について「安倍さんは一つ一つの事実をどうのこうのと言う前に、きちんと自分自身の歴史観、歴史認識を国民の前で話すべきだ。その場、その場でぽっと言っていたのでは、ますます誤解を招く」と語った。


民主、慰安婦問題・南京事件検証する会を発足(産経新聞2007/3/9)
http://www.sankei.co.jp/seiji/seikyoku/070309/skk070309002.htm

 民主党の有志議員らが9日、「慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会」(会長、渡辺周衆院議員)を発足させ、国会内で初会合を開いた。

 同会は、慰安婦問題で謝罪と反省を表明した平成5年の河野官房長官談話について、明らかになっている物証や証言などを改めて検証したうえで、「公権力による強制連行の事実はなかった」との認識を盛り込んだ新たな見解を発表するよう政府に働きかけていく方針だ。


民主党は一つ一つの事実をどうのこうのと言う前に、きちんと党自身の歴史観、歴史認識を国民の前で話すべきだ。その場、その場でぽっと言っていたのでは、ますます信用されなくなる。(小沢代表談ほぼコピペ)


posted by PPFV at 20:25| パリ ☔| Comment(1) | TrackBack(5) | 政権交代真理教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。