2007年03月20日

[阿修羅スレッド]反石原という幻想

阿修羅にちょっと以下の投稿あり。

【石原三選濃厚】石原氏が支持拡大(朝日世論調査)【反石原各陣営は足の引っ張り合いをやめて、結束を!】
http://www.asyura2.com/07/senkyo32/msg/270.html

そもそも浅野氏がベターであるなどという認識はない。したがって足の引っ張り合いなどという気は毛頭ないのだが。
この投稿に対し以下の興味深いレス。特に以下引用部分は同感である。

反石原という幻想
http://www.asyura2.com/07/senkyo32/msg/271.html

 一般的な無党派層は、石原対反石原といった視点で都知事選を捉えてはいないでしょう。
 あくまでも、誰が今後の都政を担うのにふさわしいのか、もっと下世話に言えば、誰が自分たちの生活にとって役立つのかを、ある意味公平な視点で吟味しているのです(もちろん吟味のレベル感には差があるでしょうが)。
 阿修羅では「反石原陣営の結束」というお題目が繰り返し使われていますが、「石原を引きずりおろすこと」は政策でもなんでもないため、無党派層にとっては全く見当違いの目的にしか見えません。吉田氏だって、「石原おろし」が目的ではなくて、「よりよい都政」を行うことを目的として出馬しているのです。



posted by PPFV at 20:37| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(5) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。