2007年04月20日

浅野氏を担いだ二人の論客、選挙が終わってみればグダグダ

日本の政治は機能していない。政治家は不要だ(天木直人のブログ2007/4/20)
http://www.amakiblog.com/archives/2007/04/20/#000347

 一方19日の朝日新聞は民主党が国会ですっかり存在感を失っていると書いている。国民投票法案はじめ重要法案の衆院通過を次々と許し、論戦でもアピールできていない。与党が強い姿勢で国会に臨む姿が常態となった。それはひとえに野党が機能していないからだ。「与党が強行すれば、もはや国会戦術の余地はない」と民主党の国対幹部からあきらめの声が漏れると言う。なんという情けない野党第一党であろうか。共産党は頭から相手にされず、社民党の政党存立は風前の灯だ。野党は存在しないも同然だ。


民主党については同意。まことに情けない野党第一党である。しかしながら、ついでみたいに共産党、社民党を一緒くたに非難するのは止めてほしい。「政治家はどいつも同じ」などとわかった風な子供みたいなことは言わないでほしい。「味噌」も「糞」も一緒にしないでほしい。「味噌」が迷惑する。共産党の躍進に少なからず危機感を感じている地方議会も少なくないようだが、「味噌」も「糞」も一緒にしたこの論調は、当の自民党にとっては願ってもない援護射撃だろう。

無党派とは何か(YamaguchiJiro.com2007/4/16)
http://www.yamaguchijiro.com/?day=20070416

情報化が進んだ今日、東京の無党派層はタカ派で、広島の無党派はハト派だなどということはあり得ない。


私はあると思うが。いくら情報化が進もうとも過去の経験は共有できない。

石原知事の圧勝を見て、東京の無党派などいい加減なものだと叫びたい衝動に駆られる。


あらら。浅野氏担いだ失敗を棚に上げ、東京の無党派に責任を押し付けか?「宮城県民さん」に五寸くぎをさされて共産党のせいにもできない模様。


posted by PPFV at 23:57| パリ | Comment(5) | TrackBack(5) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。