2007年06月11日

「自衛隊の国民監視問題」では盛り上がれない「サンプロ」

卑劣な“赤攻撃”!?(白川勝彦〜永田町徒然草2007/6/11)
http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid=237

《一部引用》

どうやら自民党や公明党は、「年金記録喪失は社会保険庁の職員のダメな仕事ぶりに原因がある。だから社会保険庁を解体し非公務員型の年金機構を作るのです。野党は社会保険庁の職員が作る自治労の支援を得ているのでこれができないのです」といういい方で、年金問題を乗り切る方針を固めたようである。


なるほどね〜。
確かに「サンプロ」でもそんな話が飛び出してた。それでも志位氏はきちんと答えてたと思うが、それにしても「自衛隊の国民監視問題」について志位氏を呼び出しておきながら、なんでこんな話になるんだ?
高野孟氏なんか監視対象者に名を連ねてるのに、何だか的外れな質問というか文句言ってた気がするけど。
「志位氏が委員長に就任してから共産党の退潮傾向が見られるがどうか」なんていう質問も飛び出してたけど、何の話をしておるのだ、ボケ!
それでも志位氏はきちんと答えてたけど。


posted by PPFV at 20:04| パリ 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。