2007年06月27日

[しんぶん赤旗]共産党提案の「年金記録 1億人通知」自民幹事長「最も有効だ」

共産党提案の「年金記録 1億人通知」
自民幹事長「最も有効だ」(しんぶん赤旗2007/6/26)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-06-26/2007062601_02_0.html

 自民党の中川秀直幹事長は二十五日の政府・与党協議会で、年金記録漏れ問題に関し、「受給者だけでなくすべての加入者を含めた一億人に対し、加入・納付記録を一刻も早く知らせることが不安、不信の除去に最も有効だ」と述べ、すべての年金加入・受給者を対象に加入・納付履歴などを通知するよう政府側に求めました。

 「消えた年金」問題の解決で、日本共産党は「五つの緊急対策」を発表、その第一の柱に納付記録の通知を掲げ、志位和夫委員長が十九日、安倍首相に「現在把握している年金保険料の納付記録を、ただちにすべての受給者、加入者―一億人の国民に知らせる」ことなどを申し入れていました。小池晃政策委員長らが国会質問やテレビ討論でも再三主張してきました。

市田氏 「ぜひ実現を」
 中川氏の発言について日本共産党の市田忠義書記局長は二十五日の記者会見で、この間の党の主張などを紹介し、「保険料の納付記録を、ただちにすべての受給者、加入者―一億人の国民に知らせることは、わが党が主張してきたことであり、国民の不安を払しょくするためにも、ぜひ実現すべきだ」と述べました。


その対策の有効性をさすがの自民党も認めざるを得なかったと見える。あたりまえのことをあたりまえに言える政党が共産党以外にないというのも驚きというか情けないことなのだけれど。自民公明が苦境に立たされる中、なんと民主党の影の薄いことか。
こんな共産党モドキのCMやっている場合ではないのである。


posted by PPFV at 00:57| パリ ☁| Comment(1) | TrackBack(5) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。