2007年07月06日

選挙ではどの党に投票しますか?(nifty投票)



こういったネット投票というのは、いわば玉入れ競争。アテにはならないし「百害あって一利なし」という側面もないことはないけれども見ているとちょっと面白い。
最初見たときには民主党なかなか苦戦していたようだが(キャプっとけば良かったけど)、阿修羅に投稿された1〜2時間のうちに俄然得票獲得の模様(誤解ないように言っておきますが投稿者の方はそのような意図は決してない方だと私は認識しています)。改めて「政権交代真理教信者」の多さを認識した次第で。

民主党に交代したところで変わりばえしないってば。

国民の怒りが盛り上がってきたら「はい政権交代」、国民の気持ちが納まる。けど基本何も変わらない。また怒りが盛り上がる。「はい政権交代」、気持ちは納まる(以後繰り返し)。
二大政党制ってそのための仕掛けだと思ってますが。

「小泉」がどうとか「安倍」がどうとか何をSTOPしようが何をENDしようが、次から次へとゾンビのように湧いてくる。そんな人材はいたって豊富。自民党をSTOPしても民主党ではダメ。ゾンビその2です。

多くの国民が怒り危機感を持っているらしい今回の選挙、大きな変化が期待できるチャンスでもある。なのに何で民主党やねん!と突っ込みを入れたくなるが、ある意味「民主党」の役割をしっかり果たしているとも言える(不満の受け皿)。
しっかり見ないと。まともな人間かと思ったら実はゾンビだった〜みたいなことになるよ。すでにゾンビの片鱗見せまくりだが。

ここはひとつ日本共産党が議席数を躍進させた状況を想像して欲しい。
百歩譲っていや万歩ほど譲って、天木直人氏いわく「この独断性、排他性、共産主義イデオロギー性には、さすがの私でさえもついていけない。」みたいな問題がもし仮にあるとしても(仮の話としても不愉快だな)、実績を見れば、国民に利する劇的な変化があろうことは容易に想像できる。「共産党はゾンビだ〜」などというアホな脅かしに躊躇している場合ではないのだ。


posted by PPFV at 21:21| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(10) | 政権交代真理教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。