2007年09月26日

ああ、この「美しい国」の国技とやら。

時津風親方を立件へ 力士急死巡り傷害容疑 愛知県警(朝日新聞2007/9/26)
http://www.asahi.com/national/update/0925/NGY200709250007.html

遺体「まるで別人」 急死力士の父「体中に傷」(朝日新聞2007/9/26)
http://www.asahi.com/national/update/0926/TKY200709260086.html

まったく許し難い事件である。朝青龍問題に熱狂したメディアがこの事件をどう取り扱うか注視する必要がある。この事件に比べれば朝青龍問題などまったく取るに足らないものだと思うが、残念ながらこと重要な問題についてはこの国のメディアは熱狂してくれない。

朝青龍には今一度「出稽古」におもむいていただき、この「美しい国」の国技とやらをぶち壊していただきたい。


posted by PPFV at 23:55| パリ ☀| Comment(4) | TrackBack(3) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。