2007年11月06日

[YamaguchiJiro.com]小沢辞任の意味

07年11月:小沢辞任の意味(YamaguchiJiro.com2007/11/6)
http://www.yamaguchijiro.com/?eid=617

小沢辞任騒動を受けて山口二郎氏あわてております。
こんな状況当初より想定内のことである。アホくさ。

文章の後半なんか興奮してしまって何を言ってるんだか。

 野党として自己主張を続ければ、与党から国政の停滞という攻撃が浴びせられる。大連立は、政党の主体性を放棄し、見せ掛けの全体に引き込もうとする誘惑である。


どこぞの党が自己主張を続ければ「護憲の停滞」という攻撃を浴びせたのは他ならぬアンタである。
政党の主体性を放棄し、見せ掛けの全体に引き込もうと誘惑し続けたのはアンタである。

高々数時間の党首会談で敵対勢力との合意が見出せるほど、民主党の自己主張はいい加減なものだったのか。


そうです。

小泉、安倍時代に推進された改革路線も所詮はある部分の利害を反映したものであった。この路線で打ち捨てられた部分の利害を代表したのが参院選における民主党だったはずである。


正確に言えば「この路線で内捨てられた部分の利害を『利用』したのが参院選における民主党だったはずである』です。

民主党が政権をとりたいならば、自分たちの代表している部分の利害を徹底的に主張し、それを公共的な政策に鍛え上げるしか道はないはずである。


残念ながら「自分たちの利害」と「自分たちの代表している(ことになっている)部分の利害」は全くの別物。そこに民主党にとっての根本的な矛盾があるのだからして。
posted by PPFV at 22:04| パリ ☀| Comment(4) | TrackBack(37) | 政権交代真理教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。