2008年04月17日

[しんぶん赤旗]命縮める制度 知れば知るほど廃止しかない

命縮める制度 知れば知るほど廃止しかない(しんぶん赤旗主張2008/4/17)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-04-17/2008041702_01_0.html

 こんな血も涙もない制度をつくったのは誰か、はっきりさせておく必要があります。

 「審議も機が熟してきた」「ぜひこの法案について処理を進めるべきだ」。二〇〇六年五月十七日、後期高齢者医療制度など医療法案を審議していた衆院の厚生労働委員会で、公明党の福島豊議員が審議の打ち切りを求めました。徹底審議と廃案を求めて数百人が国会前に詰めかけ、あふれんばかりの傍聴者が注視し、日本共産党など野党が厳しく抗議する中で、審議は打ち切られました。自民党と公明党が、後期高齢者医療制度を強行採決した瞬間です。

 自公は参院でも強行採決を繰り返し、小泉内閣が提案した後期高齢者医療制度を含む医療改悪法は六月十四日に成立しました。





[田中宇の国際ニュース解説]北京五輪チベット騒動の深層

北京五輪チベット騒動の深層(田中宇の国際ニュース解説2008/4/17)
http://tanakanews.com/080417tibet.htm
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。