2008年07月17日

戦略家伊吹文明、次の一手は「目くらまし」

消費税封印と目くらましを 総選挙対策で伊吹氏(西日本新聞2008/7/16)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/35187?c=120

 また「(選挙に)勝とうと思うと(有権者に)一種の『目くらまし』をしなければしょうがない」と述べた。総選挙対策上、消費税率引き上げ先送りと、この問題などから有権者の目をそらせるための政策を打ち出すべきだとの考えを示した発言で、批判も呼びそうだ。

 伊吹氏は総選挙対策について「いい意味での目くらましとパフォーマンスを首相にお願いしながら難局を切り抜けていきたい」と述べた。


まったくヤラしい。だから京都の男は嫌われる(爆)

冗談はさておき(半分冗談ではないが)、「目くらまし」とはおそれいります。それにしてもこんな言葉を公言して憚らない「鈍さ」にただただ驚くばかりです。それでも「いい意味での・・・」と言葉を添えて精一杯気を遣ったと思われますが、おんなじことです。
思いっ切り「コケ」にされた国民のことはひとまず置いときますが、「戦略」を語ったはずの伊吹氏のこの発言、「戦略的」にどうなの?とも思うわけですが、本質を見ようとするものにとっては「戦略」などどうでもよろしいのであります。

ふだん「政治は戦略」を公言して憚らない人は、戦略家な彼をそうそう批判はできないのであります。


posted by PPFV at 20:30| パリ ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。