2008年07月19日

予の辞書に共産党という文字はない

先日、拙ブログ下記エントリーで

民主党とともに空中溶解する左派ブロガー(2008/6/23)
http://ppfvblog.seesaa.net/article/101381809.html

「3の倍数でアホになる」ならぬ「共産党の話になるとアホになる」と評させていただいた天木氏だけれど、本日の氏のエントリーには正直、度肝を抜かれた。

どうぞ、皆さんも度肝を抜かれてください。

既存の政党、政治家が信用できない理由の一つがここにある(天木直人のブログ2008/7/18)
http://www.amakiblog.com/archives/2008/07/18/#001018

「共産党の話になるとアホになる」と申し上げましたが、今度はいよいよ「共産党」の姿が見えなくなった模様です・・・などと冗談を言っている場合ではないのだからして。
この天木氏の文章を読んでいって最後の結論「選択のしようがない」を読んだときにはわたしゃ目が点。ていうかそう思いませんか?共産党を支持するとか支持しないとか関係なく、そう思わない人はどう考えても文章読解力に乏しいのではないかと思うわけですが。むちゃくちゃです。

一応、突っ込んでおきます。

しかし、各紙が報じるその記事を見て、私は目を疑った。


いや、よくあることです。そのたびに批判してるわけですが。

あるいは私が間違っているのかもしれない。


いや、間違ってません。しっかり現実を直視してください。お気をたしかに。

 いずれ民主党が候補者を出し、その候補者を社民党や国民新党などが応援して、政権交代を争うごとく自公と野党連合の決戦になるのかもしれない。


んな、アホな。

 あるいは社民党がその他の護憲政党と一緒になって共産党候補を応援し、米空母艦載機部隊の岩国移転反対や、上関原発建設反対を訴えて明確な対立軸を示す選挙になるのかもしれない。


だは〜、なアホな。

しかし、報道振りでは、とてもそうは思えない。


なんだ、わかってんじゃん。

地方選挙は国政選挙ではない、与野党相乗りは茶飯事である、などととしたり顔で説明するものがいる。

  とんでもない政治蔑視の発言だ。


いや、茶飯事はそうなのですよ。その通り。でもそんな発言を「政治蔑視の発言」怒るのははなはだお門違いで、怒らなければいけないのはそんなことをやっている「政党たち」です。「政治蔑視の政党・政治家」。

もし民主党が独自の候補者を立てないようなら、そして社民党がその護憲の立場を鮮明にし、米空母艦載機部隊の岩国移転反対や、中国電力の上関原発建設反対で共産党や市民団体と一致団結して闘わないのなら、一体彼らは本気で国民の前に政治の選択を迫っていると言えるのか。


だから、そうは言えない!とず〜と言い続けているんでしょが〜。何を言うてんねん今頃も〜。(と突っ込みつつキレぎみ)

ここに既存の政党、政治家が信用できない理由がある。今の政治が欺瞞に満ちたものであるかを見事に教えてくれている。


だから何でもかんでも一緒くたにしてもらっては困ります。

前回の投票率が過去最低の38.22%であったという。当然であろう。選択のしようがない。


あの、はたから見ててなんですけど、天木さんのおっしゃってることおよそ満足しているのは日本共産党のように思えるんですけど。


posted by PPFV at 00:05| パリ ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 政権交代真理教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。