2009年05月30日

たしかに。民主党にこれができれば共産党は共闘すべきだろう。

議員定数削減論批判と民主党への注文 (上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場2009/2/8)
http://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51089862.html

《一部抜粋》

民主党が政権交代を本気で目指すのであれば、今の野党が共闘できるように、以下のことを明言すべきである。

・次の総選挙後、自民党との「大連立」を絶対に行わないこと。
・「事実上の大連立」になってしまう自衛隊海外派兵恒久化法案成立に賛成しないこと。
・憲法改悪のための議論の場となる「憲法審査会」の設置に賛成しないこと。
・新自由主義政策によるこれまでの法律改悪を元に戻すことに賛成すること。さらに、福祉国家政策を推進すること。
・消費税引き上げ、法人税引き下げに賛成しないこと。
・比例代表の定数削減をしないこと。さらに、小選挙区制を廃止すること。
・税金の無駄遣いを削減するのであれば、政党助成を廃止(または大幅に削減)すること、
など。


少し前のエントリーですが、憲法研究者の方による議員定数削減論に対する批判です。至極もっともな批判だと思います。そんな中で民主党への注文はまことに重要かつ本質を突いたところでありますね。民主党がこの注文に応えられるのならば「共産党は民主党と共闘すべし」の声に反対する理由は私にもありません。
もっとも2番目以降の項目に応えられる可能性は120%ないと思っていますし、一番目の項目もはなはだ怪しいと思っているわけで、だからこそ当初より「こんな政権交代など百害あって一利なし」と思っているわけですが。


posted by PPFV at 23:07| パリ | Comment(1) | TrackBack(2) | 政権交代真理教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。