2010年09月07日

いつまでも浮かれてていいのか

実にくだらなくて申し訳ないんですけども、阿修羅のこんな投稿見てるといろいろと考えさせられます。
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/795.html
とか
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/762.html
とか。

小沢氏に期待して浮かれるのも結構なんですけれども、そもそものそもそもな話、小沢氏は「国民の生活が第一」な政治家だったんでしょうかね。ある人に言わせれば、彼こそ「信念の政治家」だし決して「政局の政治家」なんかではない!ということなので、あれは決して変節ではないということなのでしょうが、私から見れば変節、いやそれを装っているとしか見えないのは気のせいでしょうか。第一あの顔に「国民の生活が第一」は似合わない。顔は関係ないか。
もともと「国民の生活が第一」で政権交代成し遂げたんだし、その期待を裏切った菅氏の叩かれぶりみて、まだそれを装うが得策と踏んだのかどうか・・・そんなことは私にはわからないですが、とりあえず、「国民の生活が第一」なんてどうにでも言い訳できるキャッチフレーズを、自分の思いたい風に解釈して期待しまうのはどうなの?と思わざるをえません。小沢氏にはそう簡単には曲げられない政治信条もあるでしょうから。

ちょっと議席を減らしただけで「ソーカツソーカツ」とうるさい人たちもたくさんおいでのようですけれど、この厳しい雇用状況はじめ種々の問題にいっこうに打開策を見出せない民主党政権を冷静に見て、この政権交代はほんとうに正しかったのか、政権交代の期待に浮かれてさんざん煽りまくった自分たちの行動は正しかったのか、政権交代より他によい選択肢はなかったのか・・・などなど、いつまでも浮かれてないでそろそろソーカツしてもよろしい頃かと思いますけれども。
posted by PPFV at 20:25| パリ ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 政権交代真理教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

「よりまし論」は結局妥協の積み重ね

雲行きが怪しくなると必ず出てくる「よりまし論」

「イシハラよりまし」「自民党よりまし」「菅よりまし」

で、よりよくなったんかいな。
posted by PPFV at 21:04| パリ | Comment(0) | TrackBack(1) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

救世主オザワ

「民主党が政権とれば日本の政治は変わる」と大いに盛り上がっていた人たちにあきれつつ、いっそ民主党が政権とってしまえば「国民の生活が第一」なんて嘘っぱちなのはすぐバレるだろうと思っていたましたが、何のことはない悪いのは菅なのだからして、いよいよ救世主小沢くんの登場である・・とまたしても一部では盛り上がっているようです。
菅くん一身に民主党の泥をかぶって、これもある意味救世主です。
でもこの分だと小沢くんの化けの皮が剥がれても「やっぱり民主党はダメだ」ということにはなりそうもありませんね。さらに救世主を追い求めるのでしょうか。でもそうこうしているうちにまた民主党は本質はそのままに姿を変えるのかもしれません。
もっとも幸いにしてようやく民主党のダメさに気付いても、「みんなの党」にからめ取られているようでは目もあてられません。
posted by PPFV at 21:49| パリ | Comment(4) | TrackBack(0) | 政権交代真理教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。