2011年07月28日

政治闘争は平時にやれ

twit20110727.jpg

http://twitter.com/#!/Q_toshibo/status/86818415272144896

このつぶやき全くもっておっしゃる通りと思います。

Twitter、中にはこういう核心をついた目をみはる発言もあったりしてたいへん興味深いです。私が感じる「脱原発運動」に対する強烈な違和感の核心はまさにこの指摘の中にあるわけで、何もブーム的なものに対する嫌悪感というものなどではけっしてなく、問題は今、際優先になすべきことは何かということの圧倒的で絶望的な違いです。
私にとって「脱原発の達成」など今の段階ではどうでもよいことです。「脱原発の達成」が第一義になってしまっては、冗談でも何でもなく「被災地の不幸は好材料」となってしまうのは当然のことでしょうし、放射線リスクに対する安心材料を語ろうものなら御用学者のレッテルを貼り糾弾したくなるのも自然のなりゆきなのでしょう。ですが、左派と言われる人たち、長年原水爆については何だかんだと語ってこられたでしょうに、自ら被爆2世として放射線治療の第一線で長年やってきた人の心中を想像してみることさえできないというのはいかがなものでしょう。
あるいは、原発なくても電力足りるようにするためには節電も命がけの闘争になってしまうとか。
しかし、いったい何と闘おうというのか、この大変な時にそんな闘争などに付き合わされてはたまったものではないのです。被災地そっちのけの脱原発運動と思うのはまさにこういうありようを指すわけですが、そんな疑問を持つ左派の方はおられないんでしょうかね。



posted by PPFV at 21:11| パリ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。