2011年08月08日

今の「反・脱原発運動」を象徴する1事例にすぎない

被災マツ、大文字使わず 「放射能不安」で一転(京都新聞2011/8/6)
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20110806000029

結局、放射線が検出されたかされなかったかなどということはこの際関係なく、何よりも「放射ノウ恐怖の緩和」を再優先しているということなのでしょう。たまたま目立ってしまったニュースですが、これと同様の言動や行動は今の「反・脱原発運動」においてごくごく普通に見られることですし、そもそも今この時期の「反・脱原発運動」の盛り上がりそのこと自体が、私にはこのニュースと見事に重なって見えてしまいます。

↓ 結果、被災地のこのような思いもすっかり忘れ去られてしまうわけですね。

津波被害の松を京都五山の送り火に(朝日新聞2011/7/5)
http://www.asahi.com/national/update/0705/OSK201107040187.html?ref=recc



posted by PPFV at 13:54| パリ ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心配していたこととはいえ、あちゃ〜

小池氏あいさつ 「人間と共存しない」(しんぶん赤旗2011/8/7)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-08-07/2011080701_03_1.html

 アイドルグループの制服向上委員会のメンバーが「原発の問題は私たちの未来にかかわること」と語り、「ダッ! ダッ! 脱・原発の歌」などを披露しました。


心配していたこととはいえ、あちゃ〜ですね。
それにしてもこの記事のタイトル「人間と共存しない」にはちゃんと「原発は」の主語をつけた方がいいんじゃないでしょうかね。

posted by PPFV at 00:21| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。