2012年07月31日

「電気より命」と言いながら「命のための金」を無駄に燃やす

電力9社の4〜6月期、7社が最終赤字 原発停止で燃料費が1兆円超に(産経新聞2012/7/31)
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120731/biz12073118540022-n1.htm

これだけのお金があればどれだけの命が救えるでしょうね。
posted by PPFV at 21:07| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱原発真理教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

ホント無駄な妄想やら議論やら




まったくご指摘の通りですね。私自身そうした傾向なきにしもあらずでしたから。あの震災以降そうした勘違いな人たちの醜態見るにつけ、自身を猛烈に反省することまことに多いです。色々な意味で多くの時間を無駄にしてしまったことも含めて。
posted by PPFV at 20:57| パリ | Comment(1) | TrackBack(0) | 脱原発真理教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

健康のためなら死んでもいい

取り組み(1) 被災した火力発電所の復旧
http://www.tepco.co.jp/torikumi/thermal/popup_01-j.html

私は彼らの努力には敬意もはらいますし感謝もします。先日、坂本龍一氏が発した「たかが電気」という言葉には強烈な違和感を覚えたものですけれど、同時に思い浮かんだのは彼らの取組みだったりします。坂本氏にどんな崇高な理想があるのか私には良くわかりませんが「たかが電気」などという言葉さえ許される崇高な理念とは一体何なのでしょう。
しかし、これは坂本氏に限った話ではありません。
脱原発のためなら差別発言も見て見ぬふり、脱原発のためなら放射能危機を煽ることもやむなし、脱原発のためなら原発以外のリスクなど取るに足らぬもの、脱原発のためなら・・・・・。

目的に邁進しながら肝心なものを亡くしている自殺行為にしか見えませんが、それも崇高な理念のためなんでしょうか。

posted by PPFV at 20:31| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | 脱原発真理教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

挙手願います

ていうか「うちは国民の生活が第一じゃない!」っていう政党の方いらっしゃいましたら挙手願います。

posted by PPFV at 20:26| パリ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。