2012年08月01日

「政権交代」も「脱原発」も、決して万能サプリではありません

小沢新党が主要政策 10年後めどに原発廃止、消費増税を阻止(スポニチ2012/8/1)
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/08/01/kiji/K20120801003812410.html

普通に考えて10年後の全原発廃止などありえない話なのですが、即時廃止などと言っている人もいるので、これぐらいいい加減な目標設定でも一定の支持を得るのでしょうか。原発を廃止したいと真剣に考えているとは思えませんね。ばかばかしい。
かつて政権交代におおいに浮かれた人たちも残念ながら夢から冷めざるを得ない状況になってしまいましたが、それを引取るかのように現れた「国民の生活が第一」。
タイムリーに「脱原発」を掲げるあたり、「政権交代真理教」と「脱原発真理教」の親和性(っていうかほとんど同一人物じゃないか)を良く解っての小沢氏の振る舞いかとも思ったりするのですが、でもそういう人たちってかなりコアな少数派じゃないですかね。見誤ってる観あります。
世の中、そんな単純な特効薬を求めている人はそう多くはいません。大多数は地道な人たちです。


posted by PPFV at 20:00| パリ | Comment(4) | TrackBack(0) | 脱原発真理教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。