2008年06月23日

日本三大トンデモ知事〜あれまた宮崎かい!編

東国原知事 「県職員は農業に従事を」 また“脱線”発言(西日本新聞2008/6/21)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/29819

こういう発言って「おまえにだけは言われたくないよ」と思うひとに限って言うもんですね。「あの人だったらどんなことでも神妙に聞いてしまうかもしれない」と思う尊敬すべき人はそんなこと絶対言わない。
ちなみに先日の「児童虐待条例」に関して、以下のような発言で固執してる模様。

 げんこつ条例については「職員に『無理』と言われショックだった」とトーンダウン。ただ「げんこつが痛いのならば、でこぴん(額を指ではじくこと)や、しっぺ(手首を指で打つこと)も考えないといけない」と自らの発言に執着した。


しっかし、どんな執着やねん。痛いとか痛くないの問題か。恐るべき鈍感。「げんこつ条例」には反対だけど「前時代知事おしおき条例」には賛成。張り扇で往復ビンタの後、頭にガムテープ貼っては剥がしを10回ほど繰り返す・・・というのはどうだろう。


posted by PPFV at 18:29| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 妄言たわごと集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

公明党は敵前逃亡しますたwww
Excerpt:  ご承知のように、22日投開票した東京・狛江市長選は現職の日本共産党員・矢野ゆたか氏が4選を果たしました。  公明党が自民党とともに推薦した高橋清治候補は、約4000票差を付けられての大敗でした。  ..
Weblog: コングロマリット橿渕のRED DATA BLOG
Tracked: 2008-06-25 00:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。