2008年08月08日

「自公民以外の反・新自由主義的政治勢力を育てること」が唯一の道

村野瀬玲奈さんよりふたたび下記エントリーのTBをいただきました。
なかなかエントリーを上げることがかなわず、まことに失礼しました。

民主党に対してどういう態度をとるべきか。 (3)
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-812.html

具体的なお話で、私の考えを整理する上でも大変有意なエントリーだと思いました。ありがとうございます。
「中間」という言葉をどのような意味で使われたのかという点については了解いたしました。

民主党総体としてみたら、獲得した得点は50前後よりも0に近いところに位置すると思います。その点についてはPPFVさんと私の認識はそんなに違っていません。


その点についてはおっしゃる通り私の認識も同様のものです。また地道な行動というのも常々申し上げていますとおり私も最も尊重するところです。
ただ根本的な違いは、自民・民主と共産・社民はめざすところがそもそも違うということです。世論の動向いかんで多少のブレはあるでしょうが、基本民主が共産に近づくことはありえないと思っています。それぞれの立ち位置でそれぞれの目指す方向を向いているのであり、新自由主義・改憲をめざす(Aライン)と反新自由主義・護憲をめざす(Bライン)それぞれのラインに立っていると思うのです。本来ならばAラインとBラインの選択こそが重要な争点であるはずなのにAラインの中の争いにばかり焦点があてられているのが現実であり、有権者の関心もそのことに注がれがちです。「政権交代する可能性がある」というのがその理由の多くを占めているわけですが、Aラインの中での政権交代では何も成し遂げる事は適いません。この事は経験済みのはずです。
以前に「土佐高知の雑記帳」さんよりTBいただきました。

「民主党」論にかんでみる
http://jcphata.blog26.fc2.com/blog-entry-1211.html

もちろん「2大政党」が国民の変革志向を、自民、民主の枠組みに押さえ込もうとする財界の戦略であることは論を待たない。
かつての細川政権もそうだったし、自社さ政権も、小泉政治もそうだ。
だが、そうした「安全弁」は、国民的体験によって次々と打ち破られてきた。

ジグザグはあっても確実に前進してきたのではなかろうか。
もはや国民は細川政権のペテンに容易にはだまされないだろう


このエントリーの中でこう述べておられます。しかし果たしてそうでしょうか。国民的体験によって次々と打ち破られてきたとはどうにも考えにくいような気がします。細川政権は自ら瓦解し、小泉は悠々と辞めていきました。むしろここへきてなお「民主党政権」に期待するということは「国民的体験」が生かされていない証左とも言えるのではないでしょうか。

民主党がBラインに近づく可能性があるとすれば「分裂」による旧社会党系議員の動きということにあるのではないかとも思っていますが、いずれにしてもそのためには民主党を「勝たせる」ことではなく「自公」とともに負けてもらう必要があります。

村野瀬さんの次の言葉にも考えさせられました。

...なんだか、日本の政治はビルマの状況に似ているなと思ってしまいます。「保保二大政党制」という新たな圧政に正統性を与えてしまうのか、今までの「自民党独裁制」という圧政が続くことを認めるのかという、究極の選択。


しかし日本の場合は決して「究極の選択」ではありません。第三、第四の選択肢があるわけで、ましてやそれに投票したとしても国家から圧力があるわけでもありません。なのに「究極の選択」と言ってしまうのは何故でしょうか。「勝てないのなら」という軍政の圧力にも勝る「呪縛」でしょうか。いずれの究極選択肢も望まないのであればどのような投票行動をすべきかは明らかではないでしょうか。

自公民以外の反・新自由主義的政治勢力を育てること


私はこのことに尽きると思います。同じ地道な行動を取るとするならば、私は迷わずこの行動に注力します。とりわけ私が注力しているのは、根っからの民主党支持者の方に向けてというよりもむしろ「自公政権」はもうまっぴらだと感じている方々が「民主党」に投票してしまうことを何とか思いとどまっていただきたい考え、そのための材料をブログを通じて提供することです。これは現状の私ができる範囲のことでおそらく最も有効な手段だと考えるからです。
議席数から言えば「数にモノ言わせて暴挙」を行える状況は過去にもいくらでもあったわけで、今回に限ってこのことでことさら「危機感」をあおり民主に票の集中をなどと誘導する論調は他のブログ等でよく見かけますが大変危険なものだと思っています。


posted by PPFV at 21:48| パリ ☀| Comment(9) | TrackBack(18) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全く同感です。特に、この辺りですが。

>AラインとBラインの選択こそが重要
>な争点であるはずなのにAラインの中
>の争いにばかり焦点があてられている
>のが現実であり

>ここへきてなお「民主党政権」に期待
>するということは「国民的体験」が生
>かされていない証左とも言えるのでは
>ないでしょうか。

要するに、国民は懲りてないというか、さっぱり進歩してません。
「前進」どころではない。
Posted by latter_autumn at 2008年08月09日 16:26
>根っからの民主党支持者の方に向けてというよりもむしろ「自公政権」はもうまっぴらだと感じている方々が「民主党」に投票してしまうことを何とか思いとどまっていただきたい考え、そのための材料をブログを通じて提供することです。

賛成です。私の誤りはもっぱら「根っからの民主党支持者」だけを対象にしていたことにあるのかもしれません。もう少し私の視野を広げれてくれ、ブログ訪問者の方々に無意識ではなく意識的に民主党をスルーして他の反・新自由主義的政党を選択していただけるような「確かな判断材料」を提供してくれるブロガーさんを、私は尊敬したいと思います。
Posted by mico_tenar at 2008年08月09日 18:15
あるホームページの雑文が、「日本の政治を見る基本」の紹介をしてくれていましたので、以下に引用させていただきます。(文化書房「店主の雑文」より転載)

〈1〉わかりやすい政治

(1)二大政党からの選択
自民か民主か

しかしどちらも憲法改悪、庶民増税で一致
国民をいかにだまして搾り取るかのやり方の違いだけ
選択する意味がない

(2)国民本位の革新政党かアメリカ財界本位の自民・民主か

今回の選挙だけでなくあらゆる政治の基本的対決点としてわかりやすい
Posted by mico_tenar at 2008年08月10日 10:33
latter_autumnさん、コメントありがとうございます。

>要するに、国民は懲りてないというか、さっぱり進歩してません。

もちろんいろいろな要因あるでしょうが、結果からみるとそういわざるをえません。
それにしてもブログ世論はリアル世論とはかなり乖離してるというかいびつな感じがしてなりません。なんたら世代が多いせいでしょうか。
Posted by PPFV at 2008年08月13日 01:19
mico_tenarさん、コメントありがとうございます。

民主党支持者の方を説得するのはなかなか難しいかもしれませんね。
それに政治をわかりにくくする原因はメディアのみならずブログ界にも散見されます。残念なことです。
Posted by PPFV at 2008年08月13日 01:25
mico_tenarさん、たびたびすみません。

貴ブログ拝見しました。
http://heroshiro.exblog.jp/8824577/
など大変興味深く読みました。
Posted by PPFV at 2008年08月13日 02:18
エントリーとははずれますが、宣伝させてください。
【シンポジウムのお知らせ】↓

自衛官の人権裁判を考えるシンポジウム

護衛艦 「さわぎり」の「人権侵害」裁判報告、全国 (横浜・浜松・他) からの訴え

6月20日福岡高裁において、護衛艦 「さわぎり」 におけるいじめ自殺国家賠償請求事件の第12回控訴審が開かれました。 
2005年7月の控訴以来、実に3年にわたって争われた二審の裁判も、いよいよ8月25日に判決を迎えます。
支える会は、6月20日に公正な裁判を求める55,793筆の署名を裁判所へ提出しました。
勝訴を確信し判決日を新たな運動の出発点としていくため今後もたたかいい抜く決意です。 裁判傍聴及び人権裁判を考えるシンポジウムへの参加をよろしくお願いします。

判決
日時 8月25日(月) 13時10分
場所 福岡高裁501号法廷
報告会
日時 8月25日(月) 判決終了後
場所 全労済モルティ天神ビル9階


自衛官の人権裁判を考えるシンポジウム
   日時 8月25(月)18時00分〜
   会場 全労済モルティ天神ビル9階
    規模 150名
    ●ゲスト ジャーナリスト 三宅勝久さん
         シャーナリスト 吉田敏浩さん
    ●判決報告、全国からの訴え
        *護衛艦 「さわぎり」 の 「人権侵害」 裁判報告
         ・弁護団から  ・原告から
        *北海道 - 航空自衛隊女性隊員セクハラ告発裁判
                         〜メッセージ〜
        *横 浜 - 護衛艦 「たちかぜ」 人権侵害裁判
        *浜 松 - 航空自浜松基地パワハラ裁判

           海上自衛官 「さわぎり」 の 「人権侵害」 裁判を支える会
             会長 石村善治  福岡・問合わせ先 092-633-3745

Posted by mico_tenar at 2008年08月20日 18:54
共産党単独で衆議院50議席を今回かもしく次回の選挙で達成させるのが憲法を守るのに大切だと思っています。社民党は村山政権の反省もせずに平気な政党です。自民党に対するようには
小沢氏を批判しません。彼は海外の武力行使すら違憲でない(『世界』2007年11月号)と公言しています。そんな人物が代表を務める民主党と選挙協力なんてしているんだから社民党はまったく信用できません。自民の言う海外派兵は違憲で民主のいう海外武力行使は合憲なのでしょうか。土井たかこ氏まで小沢氏嫌いではないようであきれ果てます。
Posted by 徒歩7分 at 2008年10月01日 01:50
徒歩7分さん、コメントありがとうございます。

護憲派を標榜する人にもその傾向はありますね。何より政権交代ありきゆえか。何なんでしょう。
残念ながら共産党の議席を少しでも増やすこと以外に、政治を良くする手立ては僕には思い当たりません。
Posted by PPFV at 2008年10月02日 00:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

本心はいうまでもない− 消費税増税
Excerpt: 安心実現などといって、国民に寄り添う姿勢を強調しようとする新しい内閣ですが、消費税増税という年来の課題をもって登場していることを忘れてはなりません。 内閣の布陣は、消費税導入を明確に射程に入れている..
Weblog: 花・髪切と思考の浮游空間
Tracked: 2008-08-09 06:54

「社会保障財源なら何でも賛成する」のなら、「金持ち増税」に賛成してよ、尾辻さん。
Excerpt:  小泉内閣が始め、安倍・福田内閣でも継続している、社会保障費自然増分から2200億円を毎年削減する政策について、先の国会でその転換を主張した自民党の尾辻秀久参院議員(元厚生労働大臣)が最近次のように語..
Weblog: 世界の片隅でニュースを読む
Tracked: 2008-08-09 10:31

「朝日」は体制のイデオロギー装置
Excerpt:  神奈川支部通信48号(2004年5月11日発行)から、反リストラ産経労組委員長の松沢弘さんの講演を再録します。 派兵容認で国民...
Weblog: JCJ神奈川支部ブログ
Tracked: 2008-08-11 10:16

蒲島熊本県知事:知事に期待することの虚しさと自治体制度改革~首長選挙のないスウェーデン~
Excerpt: 川辺川ダムや荒瀬ダム問題などで揺れる熊本県。熊本県知事の蒲島郁夫氏は、荒瀬ダム撤去の方針を凍結したことなどで、選挙前の期待とは打って変わって、失望の的になっているようです。 熊本県知事蒲島郁夫氏の非..
Weblog: 平和への結集第2ブログ
Tracked: 2008-08-11 20:26

民主党は“red herring”か?
Excerpt: すでに旧聞となったが,愛知県知事選での野党敗北に関してネット上でも議論がなされた.民主党系候補が敗北したが,共産党候補の得票との合計では自公候補を上回っていた.従来だと,共産党が候補を出すからいかん..
Weblog: ペガサス・ブログ版
Tracked: 2008-08-11 21:21

言葉と「目立ち度」が大事
Excerpt: この社会を支配しようと思う者は言葉を重視する.
Weblog: ペガサス・ブログ版
Tracked: 2008-08-11 21:22

小説書きました。
Excerpt:  先日ちょびっと書きましたが、締め切りに追われていた、同人誌に載せる作品を休みのうちに書き上げました。  原稿用紙13枚ほどの掌編です。内容の保証はしません(笑)。ただ、「新・人間革命」よりは面白いだ..
Weblog: コングロマリット橿渕のRED DATA BLOG
Tracked: 2008-08-12 01:58

南オセチア紛争
Excerpt: オセチアとグルジアの話を書こうとしたけどむずかしい・・民族のこと、アメリカとロシアの利権のこと、そもそもオセチアってどんな国?など...
Weblog: お玉おばさんでもわかる 政治のお話
Tracked: 2008-08-12 09:04

2008年8月15日、今日は63回目の終戦記念日。新しいブログへ引っ越ししました(^.^)。
Excerpt:  自分の勤務する会社(事業所)の名前にはあまり文句を言わないのに、なぜ「共産党」
Weblog: 嶋重ともうみ☆たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!
Tracked: 2008-08-17 01:34

63回目の終戦記念日、日本共産党の街頭演説
Excerpt:  自分の勤務する会社(事業所)の名前にはあまり文句を言わないのに、なぜ「共産党」
Weblog: 嶋重ともうみ☆たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!
Tracked: 2008-08-18 00:04

第11回「公立校の行方」
Excerpt:  ごぶさたしております。  久しぶりに「おお振り」替え歌、行ってみましょう。  今回の主役は西浦高校10番目の選手、高校から野球を始めた初心者ながら三塁コーチャーとして頭脳派ぶりを発揮する西広辰太郎(..
Weblog: コングロマリット橿渕のRED DATA BLOG
Tracked: 2008-08-18 18:11

師弟不二(笑)
Excerpt:  しんぶん赤旗21日付の記事「きしむ自公連立政権 距離を置く公明党の事情」。  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-08-21/2008082104_03..
Weblog: コングロマリット橿渕のRED DATA BLOG
Tracked: 2008-08-23 02:06

燃料高騰・物価上昇・景気減速そして『一斉休漁』
Excerpt:  昨年末から急激な経済減速感が漂い、新聞紙上は「サブプライム問題」とそれの影響を書きたてている。  ・「エビ不振の1年 安値でも需要鈍く」(日経新聞07年12月)・・「豊かさの指標」であったエビの輸入..
Weblog: 関係性
Tracked: 2008-08-26 10:22

閉幕した北京五輪を振り返る+中国で起きた問題と日本共産党とを区別する
Excerpt:  自分の勤務する会社(事業所)の名前にはあまり文句を言わないのに、なぜ「共産党」
Weblog: 嶋重ともうみ☆たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!
Tracked: 2008-08-28 00:58

歴史と重なり合う家族史  黒田清JCJ新人賞を受賞者、城戸久枝さんのスピーチ
Excerpt:  『ジャーナリスト』08年8月号から。  黒田清JCJ新人賞を受賞した城戸久枝さんのスピーチです。    戦争語り継ぐ使命  歴史と重なり合う家族史 私の家族の歴史を書いた本です。両親が都..
Weblog: JCJ機関紙部ブログ
Tracked: 2008-08-31 09:41

メディアと自民党 “仲良く”ボウリング(「しんぶん赤旗」日刊紙2008年8月25日2面)
Excerpt:  自分の勤務する会社(事業所)の名前にはあまり文句を言わないのに、なぜ「共産党」
Weblog: 嶋重ともうみ☆たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!
Tracked: 2008-09-02 01:16

その151 福田総理辞任。でも、倒さなアカンのは福田氏ではない。
Excerpt:  今晩は。伊東です。 どうも最近、またブログ制作がパラパラに。チャーハンならパラパラご飯もおいしいのでしょうが、ブログの制作がパラパラ状態になるのはちょっとね。そういう意味では、今もなお精力的に記事を..
Weblog: 「ちょっと、よってけらっせん。」−伊東勉のページ。
Tracked: 2008-09-03 19:58

東京都教育委員会の実態を語る
Excerpt: 学校に言論の自由を求めて!      ― 都立三鷹高校の土肥校長が              東京都教育委員会の実態を語る ―  都立三鷹高校の土肥校長が都教委の職員会議採決禁止を批判し、..
Weblog: JCJ機関紙部ブログ
Tracked: 2008-09-10 10:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。