2008年09月29日

最も住みたくない県、日本一

中山国交相、辞任 在任5日、麻生政権ダメージ(朝日新聞2008/9/28)
http://www.asahi.com/politics/update/0928/TKY200809280041.html

ひどいといえば超弩級のひどさだが、もはや語るべきことはない。すでにあらゆる方面から「ボロっかす」に言われてることだし、某大阪府知事以外は。
ちょっと別の視点で気になったのは「宮崎県選出」ということ。ちょっと根拠薄弱な「県民性」がどうのこうのなんちゅう話は基本好きではないから「県民性」がなんたらという話しではない。しかしながら「東国原氏」といい今回の「中山氏」といい、少なくとも宮崎県民あるいは選挙区の方々はその選出に直接関わっているわけであり、その県の「民度」を推し量る尺度としては決して根拠薄弱とは言えないと思うのである。
街頭のインタビューで「宮崎県民として恥ずかしい」という声もあったが、その方はきっと「彼」には投票していないのであろう。まことにご愁傷様と申し上げるしかない。

現時点では、私にとって「最も住みたくない県、日本一」は宮崎県である。

《関連ネタ》
日本三大トンデモ知事〜宮崎編
http://ppfvblog.seesaa.net/article/100953830.html


posted by PPFV at 20:19| パリ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 妄言たわごと集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。