2008年10月27日

民主党への忠告「もうちょっとうまくやれ〜」とか

自公・民主、延長競う 証券優遇税制/所得100億円超 大金持ち10人 減税183億円(しんぶん赤旗2008/10/27)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-10-27/2008102701_01_0.html

 申告所得の合計が百億円を超える人数は、わずか十人、全体の0・004%にすぎません。その減税総額は約百八十三億円に達しました。一人当たりにすると約十八億三千万円もの減税を受けている計算になります。

 自民・公明、民主の各党は、金融危機対策を口実に証券優遇税制の延長を検討しています。格差拡大に拍車をかける富裕層減税を推進します。


「国民の生活が第一」というスローガンが何とも空虚である。こんな話はもう枚挙に暇がない。しかしこんな話も今に始まったことではなく、その出自を思えば容易に想像できそうなものである。自称リベラル・左派ブロガーはもはやすすんで騙されようとしているとしか思えない態度に私は頭を傾げるばかりであるが、どうやら彼らのプライオリティは「反新自由主義・護憲」ということよりむしろ「共産党でないこと」にあるようだ。同様のことはあの天木直人氏も吐露しているところである。 http://www.amakiblog.com/archives/2008/10/22/#001196 参照。さすがの天木氏も民主党への信頼は完全に揺らいでしまって(それでも揺らいでいるところがね)いよいよ行き場を失い、ついには「木枯らし紋次郎」に期待を寄せる有様だから、もうガチョ〜ンである。しかしここのところの民主党の迷走ぶりを見て、少なくない民主党支持ブロガーがトーンダウンあるいはトーンを微妙に変化させていることも感じ取れないわけではないが、当の民主党は麻生氏に早期解散の意志なしと見るや一転「対決姿勢」に転じるという。まさに政局如何で極めて重要な法案を弄ぶ許されない行為である。そもそも「対決姿勢」と言ったところで、根本的なところは何も変わらぬことは民主党直嶋正行政調会長自らしゃべっちゃったところである。http://ppfvblog.seesaa.net/article/108414152.html 参照。
それでもなお民主党を支持すべきだと主張されるのであれば「新自由主義・改憲政党〜民主党」の支持者であることを自覚すべきだ。もはや「反新自由主義・護憲への転換(修正)を」などという忠告は民主党に対し何の意味も持たない。せいぜい意味のある忠告があるとするならば・・・「(左派を取り込むんだったら)もうちょっとうまくやれ」ぐらいか。


posted by PPFV at 20:08| パリ ☔| Comment(9) | TrackBack(2) | 政権交代真理教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやはや昼夜逆転の生活をしているもので、こんな時間に書き込みをして申し訳ありません。

『国民の生活第一」の「国民」は何処にやら?が明らかになってきていても「それでも民主党」を訴え続けるブロガーのオメデタサは〇〇につける薬無しの領域に入って来ているようで・・・
先日、麻生氏が秋葉原で街宣をしていた時に民主の幹部婦人の面々が巣鴨で「割烹着街宣」をしていたそうで、それをとりあげて「庶民の視線に立っているのはどちらかハッキリしている」と賛美しているのですが、国の根幹を揺るがす発言はどうしたの?(そもそも民主の幹部連は、かつて「政権交代真理教」が忌み嫌っているらしい自民で中枢にいた人たちでは? 皮肉ですけど) 同じことを自民・公明・共産が行えば批判・中傷するのは火を見るより明らかなだけにね(ええ皮肉ですとも)

いま必要なのは「国民の生活が第一」の視点に立ち、訴え励ましている人たちを応援し伸ばしてあげる事であって必ずとも「政権交代」のための小芝居を応援することではないはず。
本当「もうちょっとうまくやれ」よ・・・ねぇ。
Posted by おの いりこ at 2008年10月28日 09:20
たまには社民党ネタもいかがですか。

特に最近は、蟹工船ブームで共産党の勢いが増している(といってもまだまだささやかなものですが)のが、妬ましくてたまらないご様子で。

http://www5.sdp.or.jp/publicity/shimpo/shimpo_news080917.htm

http://www5.sdp.or.jp/special/hamanoriko/hamanoriko02.htm

↑こんなのとか。天木氏の天然ボケにも劣るとも勝らない可笑しさがあると思います♪
Posted by latter_autumn at 2008年10月28日 18:04
>天木氏の天然ボケにも劣るとも勝らない可笑しさがある

なるほど、そう思います(横レスですみません)。
Posted by mico_tenar at 2008年10月28日 18:21
おの いりこ さんコメントありがとうございます。

>いま必要なのは「国民の生活が第一」の視点に立ち、訴え励ましている人たちを応援し伸ばしてあげる事であって必ずとも「政権交代」のための小芝居を応援することではないはず。

まったくそうです。私もそう思います。民主党の在り様は「政権交代」を謳い政治の転換を偽装するだけでなく、本来国民に届くべき訴えを横からかすめ取るという、二重の意味で罪。こういうものに惑わされていては国民のための政治は決して訪れてはくれません。と、思いつつしつこく民主党批判繰り返すのも私にとっては前向きな取組みなんですがねぇ。民主党ご婦人連中のパフォーマンスも残念ながら軽率な印象です。
Posted by PPFV at 2008年10月29日 20:01
latter_autumさん、コメントありがとうございます。

社民党についてはあまり詳しくは知りませんが、護憲を掲げているとはいえ実績が実績ですしあまり評価はしていません。ご紹介いただいたサイト拝見しました。なんかあんまし説得力無いですね、中傷的な、いや抽象的な話で。共産党について本質的なところで批判があればすればよろしいとは思いますが、社民党自身、政局に阿った中途半端な態度を色々な場面で見せてくれましたから何をかイワンやです。今や良くも悪くも影響力少ないですし、現状は問題が大きいと思う民主党の欺瞞批判に集中しますかねぇ。
Posted by PPFV at 2008年10月29日 20:11
ブログ主さん、コメントありがとうございます。

子供1人あたり26000円の助成
公立高校の無料化
最低賃金1000円アップ etc・・・
これって金額とか細かいとこでの差異はあっても、だいぶ昔から
共産党が訴えていることなんですよね。
民主党は「国民に届くべき訴えを横からかすめ」公約にしている
のですが政権交代を願う方々は知らなかったのかな?
まぁ、庶民のためになる事なら別に民主だろうが自民だろうが
実現に向けて努力するのであれば言うのはかまわないけど、
昔から訴えていた人たちをスルーしてはいけないよね。(ここに
「共産党でない」嫌らしさを感じる)

長くなるので、あるブログからの引用。
「〜企業からの献金をいっさい受け取ってない清廉潔白なオム
ライス党が議席を伸ばして、いつ自民党みたいになっちゃうか
分からない民主党のことをシッカリと監視してれば、最低でも
4〜5年は、あたしたち国民に主権が戻って来るだろう」
なるほど、わかっているそうで(笑)しかし4〜5年だけでいいの
かよとツッコミたくなるわ(社民に監視能力はあるのか?)

しかし「政権交代真理教」の確信犯ともいえる「政権交代への
幻想」に警戒し、どこの誰が庶民の視点に立っているのかを
考えていかなくてはいけないと強く思ったのでした。
Posted by おの いりこ at 2008年10月29日 22:24
>オムライス党

解同から団体献金もらってるオムライス党は、解同絡みの不正に頬被りですよ。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-07-01/14_01.html
http://www.jcp-osaka.jp/2005/08/post_30.html
清廉潔白とは言えませんよねぇ。

>なんかあんまし説得力無いですね、中傷
>的な、いや抽象的な話で。

いやー、あちらサンのレベルの低さには呆れます。

のみならず、「政治の変革を目指す市民連帯」とか「平和への結集をめざす市民の風」とか、社共共闘真理教の妄想の激しい信者もいるので・・・。

まことに瞑想は迷走であります。
Posted by latter_autumn at 2008年10月30日 17:43
おの いりこさん、コメントありがとうございます。

>まぁ、庶民のためになる事なら別に民主だろうが自民だろうが
実現に向けて努力するのであれば言うのはかまわないけど、

そうなんですよね。要は言行一致。「国民の生活が第一」を実現できるような、あるいは実現しようという意志が感じられるような態度が取れているかどうかです。しかし現実はまったく逆。まったくそんな状況を見ながらなんで批判しないのか。さすがにここのところのあまりのひどさに「監視しなきゃ」などという話もチラホラ出てきてますが、何もそこまでして選ばなくても他にあるじゃんと思うわけです。ちなみに自分のとこさえおぼつかないようじゃ他党の監視など望むべくもありませんね。
Posted by PPFV at 2008年11月01日 01:04
latter_autumnさん、コメントありがとうございます。

まあ共闘できるところがあればそれにこしたことはありませんが、いろいろ問題ありすぎのようですね。私としては民主と共闘している一点ですでにケチがついているわけですが。
Posted by PPFV at 2008年11月01日 01:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

居住政策の貧困:反貧困ネットワーク主催「反貧困世直しイッキ大集会」住まい分科会の報告
Excerpt:  10月19日に開催された反貧困ネットワーク主催の「反貧困世直しイッキ大集会」に私も参加してきました。「大集会」には平和への結集・市民の風も賛同しています。      宇都宮..
Weblog: 平和への結集ブログ
Tracked: 2008-10-28 14:42

政権交代で何が変わるのか −山口二郎氏が語らないもの
Excerpt: 山口二郎氏にとっては、政権交代こそが日本の政治の将来を左右するものらしい。 総選挙の課題と銘打って、政権交代の意義を説得するという。しかも、説得する相手は、「民主党や小沢一郎に不信感を持っている市民派..
Weblog: 花・髪切と思考の浮游空間
Tracked: 2008-10-29 23:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。