2009年06月30日

何のための政権交代か

何のための政権交代か(YamaguchiJiro.com2009/6/29)
http://www.yamaguchijiro.com/?eid=762

何か心境の変化でもあったんでしょうか山口二郎氏。日ごろ民主党に並々ならぬ期待を寄せ「民主党に票を集約せよ」とか「小異を捨て大同につけ」とか主張してきた氏ですが、ここへきて「何のための政権交代か」と疑問を投げかけておられます。ん〜、民主党の姿勢に疑問を持たれるのはもちろん結構なことですが、何も今頃という気がしないでもありません。民主党の本質的姿勢は良くも悪くも随分以前より変わってはおりません。
山口氏の真意は測り兼ねますが、いい風に解釈すれば「政権交代を前にした熱烈支持政党でさえ冷静に分析する大学教授」とか、逆に穿った見方すれば「政権交代失敗後の逃げ道を用意する大学教授」とか。
でも、山口氏の以下の主張には私も概ね同感です。

 民主政治の深化のために政権交代が必要だという議論は、一つの真理である。しかし、せっかくの政権交代が政党政治の浄化、自民党に対するお灸で終わってはもったいない。仮に、新しい政権が見るべき政策的成果を上げられないなら、国民の政治的欲求不満は一層大きなものになり、政党政治そのものが大きな危機に陥るかもしれない。


「政党政治の浄化、自民党に対するお灸」なるかどうかは怪しいものですが、政権交代(の失敗)の弊害については私もそう思います。
「何のための政権交代か?」これは私にとっても長年の「疑問」であり「文句」であるわけですが、山口氏は民主党の政策の具体性のなさに不安の原因があると述べています。
ん〜、はたしてそうでしょうか。私はもっと本質的なところに不安の原因はあると思いますけどね。たとえば「本当に国民の側に立とうとしているか」とか。そこをごまかしてしまっては「友愛」って言葉くらいは言えたとしても「具体的政策」「日本をどう造り替えたいのか」など言えないのではないでしょうかね。おそらく矛盾が露呈することになるでしょうから。


posted by PPFV at 21:26| パリ | Comment(1) | TrackBack(3) | 政権交代真理教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>山口氏の真意は測り兼ねますが

真理教徒や宇宙人が相手では、無理からぬことであります。

とりあえず「今のイギリスの労働党政権は、相次ぐ腐敗で落城寸前であるが・・・」の件にツッコミ入れておきます。

イギリスについて言えば、保守党のサッチャー・メージャーから労働党のブレア・ブラウンへの政権交代の際、新自由主義路線は基本的に継承されています。見るべき成果としてブレアが変えたと言えるのは、教育制度の見直し(サッチャーが始めた教育改革、安倍が真似ようとしたやつ、改革は失敗したのでリセットするという方向)くらいです。

あともう一点、「民主党政権が日本をどう造りかえるのか、具体的な言葉は伝わってこない」の件。

http://www.dpj.or.jp/policy/rinen_seisaku/seisaku.html

これとか

http://www.dpj.or.jp/policy/manifesto/index.html

これくらい見たら、十分伝わってくると思うんだけど。マニフェストなんて、劇的に変わるもんでもないし。まあ結論としては、基本的に自民党と目指す方向は同じだよね、山口センセイ。

ところで

http://igajin.blog.so-net.ne.jp/

いかにツッコミどころの多い主張をするか、という珍競技にかけては、こちらのセンセイも最近山口氏に負けてないかと。
Posted by latter_autumn at 2009年07月01日 17:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

市場への投網
Excerpt:  私の知り合いで、経営の研究者や水産物流通業者がいる。  その人たちと最近出会い、色々語り合った。  当然、研究者たちは実際に商売をしている人たちの状況を聞きたがる。  水産物を扱う業者:最近の漁民は..
Weblog: 関係性
Tracked: 2009-07-01 10:36

自民党が末期的ならば、この党は。。
Excerpt: 解散もできない、内閣改造もままならぬのが自民党。議員の任期満了日はもう目前に迫っているというのに。とはいっても、都議選の告示日が今月3日。そこで最近は都議選後の解散という報道が目につくようになりました..
Weblog: 花・髪切と思考の浮游空間
Tracked: 2009-07-02 11:59

所詮、同じ穴の貉(むじな)ということか・・・
Excerpt:  党役員人事の失敗、身内からの麻生おろしの声、そして下げ止まらない支持率に、もはや『朽ちた巨木』状態の麻生自民に対し、小沢スキャン...
Weblog: コミュニスタ紅星の幡多荘草紙 〜取り戻そう 共生の国・日本。〜
Tracked: 2009-07-02 22:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。