2009年07月03日

[毎日新聞]共産党:志位委員長が米国式典に 接近ぶり印象付け

共産党:志位委員長が米国式典に 接近ぶり印象付け(毎日新聞2009/7/2)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090703k0000m010030000c.html

まことに結構なニュースだと思います。志位氏も以下の記事中で言っているとおり「一連のやりとりで日本共産党と米政府に公式ルートができた意味は大きい」と思います。対話あってこそその批判もより生きてこようと言うものです。

特集ワイド:志位さん「親オバマ宣言」? 核ゼロ演説に感激 手紙に返事、また感激(毎日新聞2009/6/10)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090610dde012010018000c.html

しかし、「旧態依然とした共産党」とは巷でよく語られることですが、この記事にも垣間見れるように「旧態依然」としているのはむしろこんな「共産党を見る目」かもしれません。


posted by PPFV at 00:22| パリ | Comment(0) | TrackBack(1) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

二件の「上告棄却判決」について思う。
Excerpt: ずいぶんブログから離れてしまっていた。 夏学期の“地獄”がぼくを襲っている(^(00)^;; レポート地獄、課題地獄で、寝る間も少ない。ご容赦を。 提出出来んのもあった。返す返すも悔いが残る。 命が..
Weblog: buhikunの日記
Tracked: 2009-07-03 00:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。