2009年07月10日

もはや、民主党の優位性をもって政権交代を唱えることはできない

民主と橋下氏、急接近 原口“総務相”と意気投合 鳩山代表『連携取りたい』(東京新聞2009/7/9)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009070902000047.html

自民党も末期症状ならば、民主党もこのありさま。民主党支持者の間ではボロッカスに不評だった(あたりまえだけど)橋下氏ですが、この状況をどうとらえられているのでしょう。もはや、民主党の優位性をもって政権交代を唱えることは難しいようです。「どんな政党であれ政権交代による政治のダイナミズムこそが民主主義の証」とか「とにかく一つの政党が権力の座にいることは不健全」とか。民主党でなくても良い話ばかりです。
選挙民をまたもやあきらめの静かな海に漂わす「政権交代」の何がダイナミズムか。


posted by PPFV at 23:06| パリ ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 政権交代真理教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PPFVさん

橋下氏は自公の応援で知事になった人なのに、すりよっていくなんて民主党は全く何を考えているんですかね。
選挙で擁立した大学教授の方に対しても大変失礼だと思うんですが?
まあ、自民、公明はもちろんのこと、橋下氏や民主党も、「政治を変えること」が目的ではなくて、「権力者になること」「偉くなること」がたぶん目的だからそうなるんでしょうね。
Posted by bogus-simotukare at 2009年07月12日 06:47
bogus-simotukareさん、コメントありがとうございます。

そうですね。
橋下氏を常々批判しておられた方々の反応に注目していましたが、多くはスルーのようです。民主党を支持する上で不利になる材料はいかなることも受け容れざるを得ないようです。すべては「政権交代」のためというわけですね。
Posted by PPFV at 2009年07月12日 21:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

何が変わるか不明だが政権交代?!− 山口二郎
Excerpt: 政権交代で何を変えるのか政権交代を何よりも懇願してきただろう山口二郎氏は今、何を考えているのでしょうか。エントリー;政権選択という前にで、この間の山口氏の所説の揺らぎにふれました。氏は、何のための政権..
Weblog: 花・髪切と思考の浮游空間
Tracked: 2009-07-11 08:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。