2009年07月15日

共産党の場合、「風」による楽勝は絶対にありません

都議選は結局、自民惨敗、民主躍進、共産は5議席減という結果でした。
一部、民主党支持者ブロガーの「マスゴミは民主党の敵だ」などという声などどこ吹く風、多くのメディアは中身を問うことなく「自民民主対決」「政権交代」ばかりをクローズアップしてきたわけですから、さもありなんという結果ではあります。
多くの国民が怒りや不満・不安を抱きつつ、そして政治を何とか変えたいという思いが投票率引上げに少なからず寄与したものと想像しますが、これだけ「自民か民主か」という圧倒的な声の中、多くの無党派層(あるいは初めて選挙に参加したであろう人たち)が民主党に希望を託したとしてもそれは無理からぬことではあります。政治にひとかたならぬ関心を持つブロガーの間でもそういう考えが多数を占めている現状ですから。そんな民主党の勝利を受けて(というか勝っても負けても結局は文句があるみたいですが)早速こんな共産党批判スレッドhttp://www.asyura2.com/09/senkyo67/msg/274.htmlが立ち上がります。「雨後のタケノコ」ならぬ「選挙後のセイケンコウタイダケ」。「路線変更しないと社民党の二の舞だぞ」なんだそうですが「路線変更して国民の信頼失った社民党」だと思っている私としてはこんな忠告は間逆で論外。ましてや「共産党など消滅しろ」なんつう人と一緒に盛り上がってるスレッドの「共産党への忠告」など説得力あるわけないのであります(そもそも説得しているんじゃないだろうが)。とはいえ個人的には「国民の側に立つ代弁者」である5議席を失ったことはとても残念なことであります。「風」を生かしきれなかったことに対する批判も散見されますが、この点に関しては以前毎日新聞に特集されていた記事での不破氏の発言が示唆に富んでいます。そもそも「風」と呼べるほどのものなのか。かりに「風」だとしてもそのようなものによる勝利ほど頼りないものもまたないわけですから。

特集ワイド:愚問ですが 今「マルクス」が売れるわけ 共産党・不破哲三さんに聞く(毎日新聞2009/6/26)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090626dde012010079000c.html

 −−このところのマルクスや「蟹工船」の人気は、共産党への期待とも受け取れます。衆院選で躍進しますかね。

 不破さん うちの場合、「風」による楽勝は絶対にありません。最後はこじ開けなければ開かないものですね。



さて、まずは都議会における今後の民主党の対応が注目されるところですが、そもそも「二大政党制」そのものが国民の選択(意思)を「自民党的政治」へと収束させるためのしくみだと思っています。民主党はその役割を担っているに過ぎません。おのずと結果は見えているのではないでしょうか。


posted by PPFV at 20:37| パリ ☀| Comment(10) | TrackBack(2) | 政権交代真理教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
路線変更なんて必要ないけど、戦術変更は必要かな、と思いました。
マスコミなどによる誘導があるとはいえ、自公政治への怒りと政権交代への期待の暴風がこれほどまでに大きいとは・・・
横風をうけて、はじき出されてしまった感じがします。無理に風に乗る必要もないけれど、うまく受け流す工夫は必要かと。
路線変更も民主にこびる必要もない、けれど「自公民」「自民も民主も」と一緒くたにして批判するのでは、
いかに正論でも、自公政権への怒りの感情に沿うものかどうか。
「自公」への批判は悪政への率直な怒り、「民主」への批判は自民党的な政治を引きずっていることへの批判と
攻撃するポイントを分けたほうが良いと思います。このことはまた、民主党が信用できるわけではないが
とにかく自公政権を終わらせたい気持ちで民主に期待している無党派の気持ちに沿うものであると思います
Posted by にこい at 2009年07月16日 00:29
>自公政権への怒りの感情に沿うものかどうか。
>民主に期待している無党派の気持ち

「自民も民主も一緒」という歴然たる事実に基づく民主批判は、自民にも民主にも同じくらい怒っている私の感情に沿っています♪
徹底的にやるべし☆

社民党のようなダブルスタンダード、目下の「敵側」の悪政推進に対してだけ反対ポーズを示し、目下の「味方側」の悪政推進に対しては「黙認」「知らんふり」というのは、共産党はやるべきでない。

>うちの場合、「風」による楽勝は絶対にあり
>ません

共産党の追い風は、悪政の結果として自然に静かに吹く風。
自民や民主のそれは、共産党の追い風を蹴散らすように、メディアが人為的に強く吹かせる風。

ま、インタビュアーには理解できてないでしょうけど。

>「風」を生かしきれなかったことに対する批判

某所を見た感想であります。

味方側にこういうことは言いとうないんやけど、やっぱり学のない人はあかんね。現実の冷静な分析ができん。木を見て森を見ず、やね。

現実の共産党の「風」がなんぼのもんやねんな。「現在の情勢は、事態が劇的に変転する可能性を十二分に秘めている」なんちゅー寝言は寝てからゆえ。

「二大政党制の宣伝攻勢を許さぬ戦い」は最大限やっとるがな。それでも宣伝の物量と有権者側の人的問題は容易に覆せんのや。誰が指揮官参謀になったかて同じや。
「強力な第3勢力の存在が不可欠」なんちゅーたかて、大勢変わるかいな。そもそもそんなん奇でも何でもないわ。

今は「劉備玄徳が諸葛亮孔明を迎える前夜の状況」やないで。
どっちかゆうたら「諸葛亮が劉禅に出師表を奏上した状況」に近いで。諸葛亮でも姜維でも北伐は失敗したがな。名将の奇で何とか逆転できるレベルとちゃうちゅーこっちゃ。

馬鹿の壁って、誰のことやねん。学歴コンプレックスの裏返しかいな。よう言うわ。何様じゃ。夜郎自大もええ加減にせえ。
Posted by latter_autumn at 2009年07月16日 17:20
私も民主党が自民党に取って代わっても、政治の中枢にいる人たちの体質や日本の政治の方向がどうかわるのか、ちっともわからないでいる者です。

もともと、大変ものわかりの悪い、頭の悪い人間ですので、郵政民営化選挙のときも郵政民営化して何が良くなるのか、TVや新聞を見ても、周りの知人に聞いても、少しも理解できず、また、当時の郵便行政に特に不満もなかったので、結局、党を挙げて民営化に反対していたところに入れました。(別にそこの党員でも筋金入りの支持者でもないですが)

「それ、民主だ、民主だ!民主の神輿を担げ!」と騒いでいる人たちは民主党になれば何が良くなると思っているのでしょう?他党をネチネチと批判をする前に、各自が自分勝手に想像していることでもいいですから、具体的なことを私のようにものわかりの悪い人間にもわかるよう、はっきりと教えてほしいと思っているんですが…
Posted by ジンライム at 2009年07月16日 20:31
にこいさん、コメントまことにありがとうございます。

>「自公」への批判は悪政への率直な怒り、「民主」への批判は自民党的な政治を引きずっていることへの批判と攻撃するポイントを分けたほうが良いと思います。

共産党による「自公民」批判、私にはそのように見えます。私の見方がおかしいのかなあ。民主党への思い入れが強ければ強いほどまた見え方が違うような気がしますけれども。まあちょっと関連して思う事、本日のエントリーとして上げましたのでよろしかったらご覧下さい。
今後ともどうぞよろしく。
Posted by PPFV at 2009年07月16日 21:38
latter_autumnさん、コメントありがとうございます。

ご立腹ごもっともです(笑)私も同感です。
しかし党員でもない私らがなんでこんなに怒らんとあかんのか(苦笑
Posted by PPFV at 2009年07月16日 21:43
ジンライムさん、コメントまことにありがとうございます。

ジンライムさんの疑問、まことにもっともな疑問です。私も同様です。ぜひ教えていただきたいところです。
Posted by PPFV at 2009年07月16日 21:49
お返事ありがとうございます。
>共産党による「自公民」批判、私にはそのように見えます。
>私の見方がおかしいのかなあ。

いや、実は私にもそう見えているのです…。
ですが、非支持者で赤旗を購読している友人と少し話したのですが、赤旗の記事を見る限りでは、
自民と民主の批判のポイント違いが見えづらい。いたずらに「自民も民主も同じ」とばかりいっているように見える、
ということでした。
私はポイントを挙げて説明したのですが、「それはそうだが、いくら機関紙とはいえ、支持者にしか一読してわからないような書き方でどうするんだ!
都議選での日常の宣伝までがもしもこの調子なら、政権交代に期待を持っている連中の頭を冷やすどころか、
敵意を増やすだけだ!もし逆に「共産党はソ連と同じ」とか「共産党は社民と同じ」といわれたら、支持者や党員なら、よほど批判に慣れている者以外は冷静ではいられないだろう。
共産党の言ってることは正論だが、正論ならば理解者が少なくて良い訳ではないだろう。それでは宣伝とはいえない。
大衆蔑視だと叱られるかもしれないが、感情や宣伝に流されやすい「無党派」がごまんといる。民主に向かって流れているそいつらに理詰めの正論をぶつけても反発されるだけだ。頭ごなしに「頭を冷やせバカども」といってるようなものだ。
彼らの気持ちをなだめ、受け入れるふりをしながら自分たちの主張を理解させていく、そんな方法は考えられないのか。
共産党が多数派を構成する気があるのなら、そういう層をも取り込んでいかなければならないはずだ。

と、かなり強い調子で反論され、考え込んでしまったのです。
彼の言い分に納得は出来ませんが、しかし支持者以外に自分たちの言いたい事がきちんと伝わっていないのならば、宣伝に問題ありだったのでは、と悩んでいます。
Posted by にこい at 2009年07月17日 01:07
にこいさん

>支持者にしか一読してわからないような書き方でどうするんだ!

そのご友人さんのおっしゃることも何だかなあ?。親が党員、熱心な支持者だったというような人を除けば、生まれたときから共産支持だったわけではないでしょう。
私も共産支持するようになったきっかけは、「連立政権のあまりのひどさ(自民との違いがわからない)」「ある種の共産ブーム(テリー伊藤の「お笑い革命日本共産党」など)」であって、実に歴史の浅い支持者です。こんなところにコメントを書くぐらいでビラ配りとかしている程熱心な支持者ではないし。
そんな私でもわかるんだからよく読めばわかると思うんですがね・・・。
それに共産の宣伝に問題があるとしても、だまされる側には問題はないのかと?
それと自民と民主に(細かい違いはともかく)根本的な違いなんかないでしょ。ないから大連立とか考えるわけで。
地方で平気で相乗りするわけで。

>政権交代に期待を持っている連中

自民がひどすぎるからこその民主支持であって、雨宿り的支持だと思いますが。民主で政治が良くなるって思ってる人間そんなにいるんでしょうか?


>もし逆に「共産党はソ連と同じ」とか「共産党は社民と同じ」といわれたら

「共産の政策のここが間違いだと思う」ならともかく明らかな事実誤認(しかもかなり低レベル)ですからね、それ。
Posted by bogus-simotukare at 2009年07月17日 07:05
>党員でもない私らがなんでこんなに
>怒らんとあかんのか(苦笑

違法献金授受とか簡保問題処理の醜態等とかで支持下げて負けて「責任取れ」なら、解りますけど。
別に不祥事やった訳でもないのに、ねぇ・・・。

有権者が判断を誤ることはしばしばある訳ですから、それはそれで認識せねばならない。
委員会に責任転嫁するなど、正気の沙汰ではありませぬ。
Posted by latter_autumn at 2009年07月17日 17:35
>自民と民主の批判のポイント違いが見え
>づらい

自民党的な政治を引きずっている以上、わざわざ強調するほどの違いは存在しない。
ゆえに、同じような批判になるのは当然です。

まあ真理教徒としては、「自民も民主も同じ」「民主は石原都政の与党、知事提案に99%以上賛成」などと言われたら都合悪いのでしょうが。

>「共産党は社民と同じ」といわれたら

http://ppfvblog.seesaa.net/article/121765510.html

こちらでコメントしましたが、これくらいは楽勝朝飯前であります♪

>支持者にしか一読してわからないような
>書き方でどうするんだ!

そもそも真理教徒は赤旗を読んでも理解できませんが、それは真理教徒の脳の仕様というか思考回路の欠陥の問題です。赤旗の内容の問題ではない。

>政権交代に期待を持っている連中の頭を
>冷やすどころか、敵意を増やすだけだ!

>彼らの気持ちをなだめ、受け入れるふり
>をしながら自分たちの主張を理解させて
>いく、そんな方法は考えられないのか。

>共産党が多数派を構成する気があるのなら、
>そういう層をも取り込んでいかなければ
>ならないはずだ。

友愛星人等の宇宙電波に共鳴している真理教徒は基本的に死ななきゃ治りません。連中を治療できる医者と薬は存在しません。信者以外が何を言っても無駄です。だから連中のことはほっときましょう。

そもそも政党の主張を理解するか否か、支持するか否かは、有権者の自由ですから。
真理教徒といえども連中の自由は一応尊重してやらねばならない。連中の自由を尊重してやるために、連中のことはほっとくべきです。

>支持者以外に自分たちの言いたい事が
>きちんと伝わっていないのならば、宣伝
>に問題ありだったのでは、と悩んでいます。

共産党としては、言葉で政策を主張すること、その根拠を説明すること、実際に行動すること等々、やるべきことは十分やっています。
真理教徒が理解しない支持しないとしても、それは真理教徒の自由であって、共産党の責任問題などではありません。

>正論ならば理解者が少なくて良い訳では
>ないだろう。

そもそも民主主義というのは、最終的には多数決で決めるものです。正しいか間違ってるかで決めるのではない。
間違っていてもそれを支持する側が多数なら通ってしまう、というのは、民主主義では仕方のないことなのです。だから、正論でも理解者が少なければ却下されてしまうのも、仕方のないこと。

但し後で間違っていたと判ったなら、支持した多数派が責任を負わねばならない。反対した少数派に責任を転嫁してはいけない。
Posted by latter_autumn at 2009年07月17日 17:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

自民党を右寄りに乗り越える? 民主党
Excerpt: 都議選終了時点から総選挙が終わるまで、自民党はもちろん、民主党にとっても、極端なことをいってしまえば後世の語りぐさになるような、重要な意味をもつ時期になる気配をみせています。自民党にとっては、どのよう..
Weblog: 花・髪切と思考の浮游空間
Tracked: 2009-07-16 05:53

東京都議選の結果について 日本共産党東京都常任委員会の声明。総選挙に向けて私なりに展望を予想。など
Excerpt:  東京都議選の結果について 日本共産党東京都常任委員会(「しんぶん赤旗」日刊紙2
Weblog: 生野ともうみ☆たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!
Tracked: 2009-07-21 01:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。