2010年06月23日

そんなことより共産党への理解を阻んでいるものは他に山ほどある

浅井基文氏の『日本共産党への辛口提言−ふたたび埋没することがないように−』という文章読ませてもらいましたが、政治シロートの私には「え〜そうかな〜」というのが正直な感想。何しろそんなコアな話通じそうな人は身の回りでは見たことありませんから。何故かネット上はそんな人結構見かけますが、提言にあるようなことくらいでは簡単に支持側に回ってくれるとは到底思えませんしね。

思うにそんなコアな話じゃなくて、もっと身の回りのありふれた場面思い浮かべても共産党への理解を阻むものは山ほどあるわけで。たとえば会社で「お前、日経くらい読んどけよぉ」などと上司に説教さたりとかはありがちな光景でしょうけど、政治に無関心な者は何も知らないし知ろうともしない・・・これは結構多数派ですがちょっと置いといて(といっても案外この手の人が共産党に対する偏見だけはしっかり持ってたりするんですね)、幸いにして政治にちょっとばかし関心を持ってる人もこんな記事を読んだりするわけです。それもおそらく半端な数じゃない人たちが。今回、最新の記事を例にあげましたけど、こんな例は枚挙に暇がありませんので。

「そっくりマニフェスト」は悪くない(日経ビジネスオンライン2010/6/23)
際限なく膨張する政府債務は民主・自民の共通の敵
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100621/215063/

また、共産党は今も昔も大企業に増税すれば良いと主張している。法人税は収益力、競争力のある優良企業が主に担っている。各国がビジネス・経済活性化のために法人税の実効税率を引き下げ、25%程度が国際的な標準になってしまった現在、実効税率40%の日本が法人税を逆に引き上げれば、こうした競争力ある企業群はますます海外に事業をシフトするだろう。本社すら海外移転する企業も出てくるだろう。



資本・技術・人が国境を越えて大規模に移動する経済グローバル化の進んだ現状に対して全く適応力のない政策を掲げることができるのは、共産党が政権を担うことが決してない万年野党だからに過ぎない。



この記事、まあ普通に読んでりゃ「消費税増税やむなし」って気持ちにもなります。そんなシチュエーションに身を置いたところを想像したら気持ちわからないでもありません。何しろ東大の先生が言ってることですし。もちろん引用部分のような話聞かされたら共産党のことなど意識の外でしょうね。
ちなみに引用前段(結果、後段も)は「嘘っぱち」です。(共産党は常々言ってることですが)

税制調査会報告書
http://www.cao.go.jp/zeicho/tosin/19top.html

下記報告書18ページ参照
抜本的な税制改革に向けた基本的考え方 (平成19年11月)PDF
http://www.cao.go.jp/zeicho/tosin/pdf/191120a.pdf

それにしてもこの記事ひどいですね。民主主義でメシが食えるかって感じですか(笑)
posted by PPFV at 21:00| パリ | Comment(4) | TrackBack(6) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 おっしゃるとおりだと思います。
 選挙での躍進に話を限れば、「いかなる国」問題なんてマイナーな問題は日本人のほとんどは投票において、誰も問題にしてないでしょう。
 また「消費税増税しか道はない」「日米安保しか道はない」「県外移設なんか出来ない」と大手マスコミが絶叫している状況がある限り、共産がどう頑張っても限界があると思いますね(どうしても「マスコミが言ってるんだから共産の主張ってただの理想論じゃん」ということになりやすい)。
 政治を変えたいなら、共産にどうこう言うよりそう言うメディア状況を共産と一緒にどう変えていくかが問題だと思いますね(共産を非難するなと言ってるわけでは勿論ない)
 それとご紹介の記事で浅井氏が、北撃沈説に批判的な人もいるのに、赤旗が「天安北朝鮮撃沈説」を支持してると非難したのには絶句しました。
 今の段階では北朝鮮撃沈説が一番信頼性が高いのではないかと私は思います(大体、選挙前のこの時期に北の犯行じゃないかもしれないなどと共産が言ったらそれこそ反共の人々が反共宣伝のネタにするだけなんですが)。
 それに共産は北撃沈説に立ってはいても李明博政権の挑発的な態度には「外交で決着すべし」と批判的(したがって地方選での韓国与党敗北にも共産は好意的評価をしている)なのですが、何故かそういう指摘はあの浅井氏の記事にはないし。 
Posted by bogus-simotukare at 2010年06月24日 18:36
bogus-simotukareさん、ごぶさたしております。
コメントありがとうございます。

そうなんですよね。浅井氏のコラムはいつも多くは共感を持って拝見しているのですが、共産党への提言となるとなぜ皆さんこう的外れになるんでしょうかね。まったく不思議です。
いっそ「共産党は政党助成金をもらって全額電通につぎ込め!」とか言ってくれるほうが「それやっちゃあおしまいでしょう」っていうのがわかり易いんですけどね。
Posted by PPFV at 2010年06月26日 20:07
お久しぶりです。
浅井氏の提言には私もツッコミ入れてました。

>共産党への提言となるとなぜ皆さん
>こう的外れになるんでしょうかね

ホントに、何ででしょうね。妙な下心があるから?

山口二郎なんかは「民主党に協力しろ」ですが。
浅井氏は「社民党に協力しろ」ということなのかなあ。
Posted by latter_autumn at 2010年06月28日 19:00
浅井氏、またやってますね。

「自分は共産党のここが気に入らない」というのを「共産党の敗因はこれだ」に短絡的に結びつけるのは、まともな分析とは言えない。いわば、感情的な八つ当たり。
Posted by latter_autumn at 2010年07月19日 14:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

法人税減税で国際競争力は高まったか?
Excerpt: 「国際競争力」を売り上げとするなら(おそらく、それで良いのだろうが)、たとえば家電は韓国サムスンが世界シェアでトップである。パナソニックでもソニーでもない。日立や東芝でもない。自動車ではついこの前ま..
Weblog: 座標軸
Tracked: 2010-06-23 22:06

浅井基文氏による共産党への批判的応援
Excerpt: 広島平和研究所所長で,外務省アジア局中国課長などを歴任された浅井基文さんが,ご自身のブログで,近づく参院選に向けて,共産党への応援の辛口メッセージを発しておられる.(6月13日のコラム) 日本共産党へ..
Weblog: ペガサス・ブログ版
Tracked: 2010-06-28 21:14

小さな「平和のつどい」
Excerpt: 近くのクリニックふれあい早稲田の第二回「平和のつどい」の参加しました。(埼玉県三郷市) 小さなクリニックの50人位参加の小さな「平和のつどい」です。 院長の大場敏明医師の平和への強い思いがこのつどいを..
Weblog: 大津留公彦のブログ2
Tracked: 2010-08-08 20:10

「核兵器のない世界」への努力を踏みにじらないでください
Excerpt: <a href="http://ootsuru.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/08/09/photo_4.jpg"><img class="image-full" alt="Photo_4" title="Photo_4" src="http://ootsuru.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/08/09/photo_4.jpg" border="0" /></a> 今日は長崎被爆65周年の日でした。 私の義理の母も長崎の勤労動員に出かける途中の長崎市内で被爆しています。 最近まで子ども(つまり私の妻)にも話をしなかったようですが最近は学校で子どもたちに話..
Weblog: 大津留公彦のブログ2
Tracked: 2010-08-09 21:47

八月のうた
Excerpt: 八月の短歌八首です やはり反戦平和を求める月の歌です。 ブログ記事に載せた物は記事のリンク先を表示します。 義母生きる五島列島にも今日六十五回目の長崎原爆忌    <a href="http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-94bf.html">「核兵器のない世界」への努力..</a>
Weblog: 大津留公彦のブログ2
Tracked: 2010-08-11 22:49

今「朝日訴訟」を!
Excerpt: いたわりの言葉になれて たたかいのきびしさ忘るを ひそかに恐る  「朝日訴訟」の原告朝日茂さんの短歌です。 「朝日訴訟」は50年前の憲法25条の具体化を問う「人間裁判」でその後の生活保護の基準改..
Weblog: 大津留公彦のブログ2
Tracked: 2010-08-12 22:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。