2004年06月28日

ノンフィクション絵本「戦争のつくりかた」

有事関連7法案を読み解く絵本

こちらに東京新聞の特報記事

こちらで無料でダウンロードできます。

すばらしい取り組みに感謝。
posted by PPFV at 01:28| Comment(4) | TrackBack(1) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もこの間 この絵本の事を知って Web版を読ませて頂きました。
このままでは、本当に絵本のようになって行きそうで 怖いです。
子供達が、悲惨な事件を起こす度に『命の大切さを教えるべきだ』と言いながら 戦争という最も命を粗末にする様な行為を容認するなんて・・・。
何か 間違っている。
でも、それを止める為に 何をしたら良いのか 分からない自分が もどかしいです。
Posted by サファイア at 2004年06月28日 15:50
絵本というシンプルな構成だけに強く訴えかけてくるものがあるような気がします。
法律の真意を読み取る必要があると思います。
子どもたちは「命の大切さを〜」の嘘や空々しさを、どこかで感じてるのかも知れません。
Posted by PPFV at 2004年06月29日 02:06
これはヒドイ本ですね。
ノイローゼにかかっているとしか思えないほど偏見に満ちています。
こんな絵本を読まされる子供も気の毒です。
アメリカに守って貰っているから何とか平和を維持している(その為にアメリカに強く言えない)事を見ないで、原文英語の憲法を守りさえすれば平和だなんて愚の骨頂です。
空想平和主義や絶対平和主義はヒトラーを生み出す大きな要素になった事を忘れるべきじゃないねぇ。
Posted by 普通の日本人 at 2004年08月30日 18:51
こんな絵本を読ませてもらえない子どもに同情します。
アメリカの奴隷であることを自ら認められるわけですね。
何も言うことはありません。
Posted by PPFV at 2004年08月30日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

戦争のつくりかたを読んで
Excerpt: しばらく前に本屋で買った「戦争の作り方」、 買ったこと自体忘れていたけど あざらしサラダさんの記事を読んで買ったことを 思い出して読みました。 なんてことはない内容の本ですが (内容自体は非常に重要..
Weblog: Pon
Tracked: 2004-07-25 23:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。