2004年07月03日

凶悪少年犯罪について〜やっぱりこだわる

佐世保小6死亡事件の加害者とされる女子児童の心の変化について・・・何が彼女をそこまで駆り立てたのかずっと気になっています。
そんな中、特別養護老人ホームの施設長の方のブログを見つけました。遅まきながら・・・。正直、小6とは思えない感受性の鋭さに驚きました。いや、もしかすると子供たちの感受性というのは彼女に近いものを無意識のうちに持ち合わせているのかもしれません。社会の矛盾を無意識のうちに感じているのかもしれません。
不勉強なせいか、マスコミからは、私は最後の一編の詩しか知らされませんでした。そこからはネット社会の闇といった議論しか展開されず、全く的外れな話です。というより恣意的に本質の議論を遠ざけているようにも思われるのです。
すべては繋がっているという意を強くしています。
posted by PPFV at 22:29| Comment(0) | TrackBack(3) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

佐世保小少女の詩
Excerpt: 佐世保小少女事件に思う… 子どもの内実を知ることは、大変に難しいことのように思います。 親の知らないところで…とは昔から言いましたが、確かにそこで培われるものもあるでしょう。昔も今もです。 原因につい..
Weblog: ▼milou
Tracked: 2004-07-04 22:34

改憲・教育基本法改正で少年犯罪は減らせるか?―加害少女の詩
Excerpt: 長崎県佐世保市で起きた小学6年女児殺害事件の際、たまたま同日、同市にいた自民党の安倍幹事長は講演で「大変残念な事件があった。大切なのは教育だ。子供たちに命の大切さを教え、私たちが生まれたこの国、この郷..
Weblog: What's New & Occasional Diary
Tracked: 2004-07-09 03:26

改憲なんかじゃ救えない―加害少女の詩その2
Excerpt: 東京からの帰り途、超久々に『AERA』を買った(何年ぶりだろう?)。 「ブログライフがはじまった」、「さらば2ちゃんねる」(ひろゆきもでてる)という記事が目当てだったが、「ネオ・マゾでつながるゴスロリ..
Weblog: What's New & Occasional Diary
Tracked: 2004-07-11 02:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。