2004年07月19日

参院選の争点(のはず)だったこと

参院選沖縄選挙区は唯一野党連合によって野党が勝利しましたが、沖縄タイムスの政策対決(1)〜(10)として特集が組まれていました。素人の私でも両者の政策の違いが良くわかるとてもわかりやすい解説です。沖縄に限った争点ではありません。全国基本的に共通する争点だったはずです。
「何となく安心だから・・」とか「色々しがらみがあって・・」とか「他党はイメージ悪い・・」とかで「自民党(あるいは与党)にいれた」っていう方は特にご一読お勧めします。

沖縄タイムス参議院選挙特集

政策対決
(1) 経済・自立に向けて
(2) 雇用対策・失業率改善へ
(3) 憲法・改正は是か非か
(4) 安全保障・自衛隊の派遣
(5) 基地・負担軽減と跡利用
(6) 15年問題・海上ヘリ基地建設
(7) 自治・分権に向けて
(8) 教育・教基法改正
(9) 福祉・安心の年金へ
(10) 北朝鮮・問題の解決法
両候補の政策総括
posted by PPFV at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。