2004年08月29日

話が違う

沖縄タイムス コラム大弦小弦 2004年1月19日

 「就職口の一つだという感覚だった」。自衛隊に息子がいる父親の口から出た言葉だ。危険業務はない。そう信じて就職した国家公務員なのに、海外の戦地に出向く事態になった。
 広島市で十七日にあった集会では、戦場には絶対行かないと信じて息子に入隊を勧めた父親が訴えていた。「話が違う」と。当事者は自由に発言できる状況にないが、同様な思いを抱いている者は少なくないだろう。

 イラクでは、完全武装の米兵でさえ連日、犠牲になっている。派遣されれば、だれも生命の保証ができないという現実は、復興支援というベールでは覆い隠せない。「自分の子どもだけでも戦地に派遣されてほしくない」は親の本音だ。

 自衛隊は、文民統制(シビリアンコントロール)により軍隊としての暴走が防止される、といわれてきた。が、現在に至るまでの動きは、ブッシュ米大統領との協調路線をひた走る小泉首相が、軍事的貢献を急いだとしか見えない。

 懸念されるのは、実際の危険から遠い位置にいる文民首相らの暴走。派遣隊員が犠牲になった場合、「国際社会の一員」として軍事貢献を叫ぶ文民は、殺される前に殺せる装備、軍隊として行動できる仕組みを求めてくるだろう。

 イラク派兵は、タカ派宰相と自衛隊の本質を明確にした。「殺されるな、殺すな」。父親の叫びは派兵の本質を突く。それでも若者は「兵士」になるのか。親は子どもを兵士にするのか。(武富和彦)
posted by PPFV at 03:02| Comment(17) | TrackBack(0) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う〜ん、このオヤジさんの言っている事もおかしいですねー
戦場には絶対行かないと言っても日本本土が戦場になった場合
真っ先に赴くのは自衛隊の任務です。
平和ボケしている甚だしい言動ですね。
Posted by たろう at 2004年08月30日 17:06
おかしいとは思いません。
そもそも海外の戦地に赴くことなど想定外のはずです。
何しろ憲法で保障されてたはずなんですから。
まさか憲法が反故にされるなんて思いもしなかったでしょう。
まさしく契約違反ですね。
日本本土が戦場になった場合の話なんかしていませんよ。
まあ、もし仮にそうなったとして「自衛隊の任務」ってそれだけで済むはずがないでしょう。そのお任せな態度こそ「平和ボケ」ではありませんか。
Posted by PPFV at 2004年08月30日 22:23
今のようにわけのわからない解釈が繰り広げられて
海外への派遣は想定外だったとしても
「戦場には絶対行かない」という考えはおかしいと思いませんか?
自衛隊は日本の主権を守る為日々警戒監視をし
万一侵略を受けた場合は排除する事が自衛隊の重要な任務で
侵略を受けた場所は戦場そのものですよ。
それを親方日の丸で「戦場には絶対行かない」と自衛隊に
入隊を勧めたのであれば大きな誤りだと思いませんか。
Posted by たろう at 2004年08月30日 23:41
>今のようにわけのわからない解釈が繰り広げられて

まさしくだからこそ反対しています(そういった自衛官の方々のためにも)
先の理由で「おかしい」とは思いません。

>自衛隊は日本の主権を守る為日々警戒監視をし
>万一侵略を受けた場合は排除する事が自衛隊の重要な任務で

そういう仮想の話ではなく、実際に起きた沖縄の事件を見る限りこの国の主権を守るために重要な任務は遂行されたんでしょうか。
そもそも、アメリカの戦争の手伝いに海外に赴くことは、この国の主権を守ることとは無関係でしょう。
Posted by PPFV at 2004年08月31日 01:09
うめチキです、こんにちは。

たろうさんの言わんとしていることはわからないでもないです。
けれど、庶民の目に映る自衛隊の活動は、災害救助とか札幌雪祭りの雪像作りとか、およそ自衛隊という名称からはかけ離れたものです。

たぶん日本政府は、これらの活動を通して自衛隊の軍隊として以外の存在意義を社会に浸透させることにより、軍隊という性格も含めた自衛隊の存在を既成事実化しようとしてきたのだと思います。
つまり、日本政府自身が「自衛隊は軍隊じゃありませんよー」と宣伝し続けてきたわけで、「話しが違う!」というオヤジさんの認識は、仕方のないことだと思います。

平和ボケの一言で片付けられるほど事態は単純でない、と僕は思います。
Posted by うめチキ at 2004年08月31日 18:54
んー、日本はアメリカのポチとかアメリカの奴隷とかいろいろと
揶揄する輩がいますが現実問題、日本の国防はアメリカ頼りです。
そのアメリカがイラクを手伝えといってきたら出来る範囲で
手伝う事は「主権を守る」そのものではないでしょうか。
それが嫌なのであれば日本人の手ですっきりとわかり易く
憲法を改めるべきです。

そもそもPPFVさんとオヤジさんの利害が一致しているところは
「自衛隊の海外派遣反対」の一点のみと思います。
「自衛隊の海外派遣反対」を訴えている人たちのその中身は

・自衛隊そのものを否定している
・自衛隊は認めているが海外派遣に反対
・現行法での海外派遣に反対

のどれなのかによって見方も変わってくると思います。
2番目や3番目の考えならともかく
「自衛隊そのものを否定している」連中がオヤジさんの
発言を誇張して利用するのはオカシイ。
このオヤジさんは「自衛権を行使」する自衛隊を
「就職口の一つだという感覚だった」と甘い認識ながら認めています。
その自衛隊を危険業務はないと信じて入隊させるなどとは
自衛隊員をバカにするにもほどがあります。
我々一般人は国内で事件や火事に巻き込まれた時は
警官や消防士に助けてもらう為、国家主権が侵されたときには
自衛隊に防いでもらう為に納税しているのであって
タダメシを食わすためではないのですから。

まあこのオヤジさんにも同情の余地はあります。
ある意味ツギハギだらけの憲法9条の被害者でもありますしね。

ちなみにPPFVさんは自衛隊(自衛権)について
どのような解釈をお持ちですか? 
↑遠まわしに書き込みしてきましたがコレがお聞きしたかった事だったりします(笑)
Posted by たろう at 2004年08月31日 19:20
>>ちなみにPPFVさんは自衛隊(自衛権)について
>>どのような解釈をお持ちですか? 

私の知っている「たろう」さんとおなじかどうかは知りませんが、人に聞くならまず自分の意見を書いたらどうでしょうか?
Posted by at 2004年08月31日 22:25
>現実問題、日本の国防はアメリカ頼りです。

何を根拠にそう言いきれるのか理解不能ですが、そのように無批判に信用できることなんでしょうか。

自衛隊については簡潔に申し上げて「自衛のための」「必要最小限の実力」は憲法違反にならない《最低条件》です。それを超えるものは違憲です。
だから「海外派兵」は違憲です。
別に私にもおやじさんにも利害なんかありませんよ。
つまらんことで命を落としたくないということだけです。
災害対策(これも自衛ですよね)において危険業務あってもおやじさんは文句いわないでしょうし、私も文句言いません。
ついでに言わせてもらえれば明らかな「侵略行為」に加担する「海外派兵」のために納税しているのではありません。そんなことで使われるくらいなら「ドブ」に捨てるかタダメシ食わした方が遥かにマシです。
Posted by PPFV at 2004年09月01日 00:26
>そのアメリカがイラクを手伝えといってきたら出来る範囲で
>手伝う事は「主権を守る」そのものではないでしょうか。

その前の私のコメントでは遠慮して、というかそこまで話を拡げたくなかったので
>そもそも、アメリカの戦争の手伝いに海外に赴くことは、この国の主権を守ることとは無関係でしょう。
と書きましたが、違憲である行為を暗に強要されるという意味においては「主権を侵害」されております。
Posted by PPFV at 2004年09月01日 00:32
私が知っている「名無しさん」と同じかどうかわかりませんが(^^コメントありがとうございます。

といいますか、お互いどのような意見持っているか、だいたい判っているようにも思うのですが(^^;;;
ましてや私のおおよその意見などはこのブログの記事をいくつかご覧いただければわかると思いますので、たろうさんのご質問にはあまり意味を見出せません。
Posted by PPFV at 2004年09月01日 00:49
>何を根拠にそう言いきれるのか理解不能ですが、そのように無批判に信用できることなんでしょうか。
 
全くおっしゃるとおりです。
それを含めて僕が考える日本の外交上のたんこぶは

アメリカ軍は日本で治外法権でやりたい放題。
アメリカ軍がホントに日本を守ってくれる保証がない。
日本、中国間に安全保障がない。
日本、北朝鮮間に国交がない。   等になります。

これらの脅威を取り除く為
日米地位協定の見直し
日米安全保障の見直し
日中安全保障の締結
日朝国交正常化  になるとおもいます。

これらを実現させる為に障害になっている事は
日本は防衛上未だにアメリカのポチ状態で9条などという首輪を締められて
自分の身を自分で守る術を持ち合わせていない為
ご主人であるアメリカを信用して脅威から守ってもらうしかない。
その為、ご主人様の顔色をうかがっていないといけない。
有事の際はアメリカに助けてもらうつもりなのにアメリカが
困っている時は9条の首輪に締められて堂々と協力することができない。
足枷になっているものは何か?

中国、北朝鮮は領土、拉致など平然と日本の主権を侵す輩が
存在するのに両政府は取り締まろうとしない。
日本の主権を侵害したらそれなりの報いを受けると自覚させる事と
中国や北朝鮮のわがままをどこで妥協点を見出せるかだと思います。

それとさらに付け加えるならば領土不法侵入や拉致は宣戦布告を受けたに
匹敵する非常事態であり脅威であるにもかかわらず
近所の小学生の万引き程度にしか思っていないおめでたい連中が
日本国内に存在する事ですかね。
Posted by たろう at 2004年09月01日 00:50
>自衛隊については簡潔に申し上げて「自衛のための」「必要最小限の実力」は憲法違反にならない《最低条件》です。それを超えるものは違憲です。

この部分が憲法9条の最たる矛盾点でありなんとでも解釈される部分です。
自衛隊そのものを否定している連中の方がまだ主義主張は一貫しております。

僕としては自衛隊は今のように矛盾したものではなく集団的自衛権を持ち
その権力を当然行使出来るようにするべきと考えております。

なぜならば僕はわがままな人間でして
他人の家が火事になった時はバケツリレーくらいの救助活動はするけど
人命救助のため火事の中に飛び込むなんて考えられないくせに
自宅が火事になって取り残された時は
すぐにでも救助してもらいたい人間です。
その救助活動をしてくれる消防隊を維持する為に納税しているのであって
タダメシを食わすためではありません。
治安に対しても同じ考えで
国内で誘拐されても地球の裏側で監禁されても
真っ先に救出してほしいし、話し合いで解決できなければ力を用いてでも
救出してくれと思うのが納税者としての僕の考えです。
しかし日本の憲法では海外での迅速な救出活動に間々ならない場合がある。
その足枷になっているものは何か?

国民を救出する国家の行為は、「自衛権の行使」以外なにものでもありません。

コレを改める事は自分のためでもあります。
仮に10年20年たって話し合いで救出されたならまだしも
監禁状態のまま殺害されるなんて真っ平ご免です。
このような危機管理を持つことは異常でしょうか?

わけのわからない解釈がなされ過去の失敗を繰り返さない為にも
法の何を守って何を改正しないといけないのか
よ〜く考えないといけませんよね。(笑)
Posted by たろう at 2004年09月01日 00:55
簡潔に

>中国、北朝鮮は領土、拉致など平然と日本の主権を侵す輩が
>存在するのに両政府は取り締まろうとしない。

東アジアの緊張状態はアメリカの望むところです。
アメリカが恐れるのは東アジア諸国のEU化です。

>しかし日本の憲法では海外での迅速な救出活動に間々ならない場合がある。
>その足枷になっているものは何か?

しっかりと事例をごらんなさい。自衛隊が足枷なく活動できたとして先のイラクでの人質、無事に救出されたとお思いですか。ましてや当の政府は実質的な救出活動は結局何もやっちゃいない。
Posted by PPFV at 2004年09月01日 01:22
>しっかりと事例をごらんなさい。
 
僕はそんなことを言いたいわけではありません。
あの3バカは幸か不幸か助かった。それはいいです。
なら海外で困っているのはあの連中だけなのか。
断じて違う。

ここで言いたいのは自衛隊の本質、しいて言えば国家の本質です。
国家の本質とは何か?
国民の生命財産を守る事です。
今の国家にそれが出来るかどうかです。
敵地で日の丸を掲げて助けてくれー!と叫んでいるのに
憲法の制約があって出来ない。

そんなバカな話はありません。

その足枷になっているのはなにか?
それを排除することは国民として当然の権利です。
別に日の丸に忠誠を誓えとかそんなことを言っているわけではありません。

日の丸を掲げた時に助けにきてくれるかどうかです。
Posted by たろう at 2004年09月01日 20:18
>僕はそんなことを言いたいわけではありません。
>あの3バカは幸か不幸か助かった。それはいいです。

これは非常に象徴的な出来事ですよ。3バカなどと揶揄しているようでは、あなたがいかに本質を見ていないのかを露呈しているようなものです。
不幸な目に遭った原因も明白ですし、いかにして助け出されたかも明白です。そして国家がいかに国民の生命を守らないかも明白になりました。

>国民の生命財産を守る事です。
>今の国家にそれが出来るかどうかです。

上に述べたとおり守られません。事例および歴史をごらんなさい。

>日の丸を掲げた時に助けにきてくれるかどうかです。

何で日の丸をかかげなきゃならんのか・・・・。
イラク人質の事例で言えば、そんなことしたらむしろ命なかったでしょうね。
Posted by PPFV at 2004年09月02日 02:37
>何で日の丸をかかげなきゃならんのか・・・・。

わからんひとだなぁ〜(涙)
海外で犯行グループに「アイム ジャパニーズ ヘルプ」と
救援信号を発したら日の丸を掲げたのと同じ事です。
これほど話が通じないとわたしゃー泣けてきます。

それとあの3バカの件はもうどうでもいいですが
911のテロは自作自演では?と多角的に考察できるPPFVさんは
どうしてあの3バカが被害者だと言い切れるのでしょうか。
自分の主義主張を通す為、都合のいい箇所を都合よく使うことは
愚の骨頂、扇動と同じです。

それを踏まえてこの記事のオヤジさんに対して謝ります。
PPFVさんの記事の断片だけではオヤジさんの真意はわかりませんから。
Posted by たろう at 2004年09月02日 22:04
別に都合のいい箇所を都合よく使っているわけではありません。別に都合の悪いことあるわけでもないし。
前にも言ったようにこういう議論にはあまり意味を見出しませんので、時間をかけたくないだけです。
したがって、私なりの危機感の優先順位に基づいて話を取捨選択させていただいています。

>どうしてあの3バカが被害者だと言い切れるのでしょうか。

このあたりのことは、色んなところでさんざん議論尽くされてませんか。あれほど沸騰した自己責任論が潮を引くようになりをひそめたのは何故でしょうね。
いまだ、3バカなんて認識の人がいること自体が私には驚きなんです。
Posted by PPFV at 2004年09月03日 02:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。