2004年09月04日

いつまで続くのか

ロシア学校占拠、制圧 死者322人・病院搬送704人(朝日新聞)

最悪の結末になりました。犠牲になった子どもたちはじめみなさんのご冥福をお祈りします。

各国首脳、マスコミはこぞって「テロとの対決姿勢」を強調するばかり。
本来の弱者の声は届かないままに、世界の世論を敵に回すこととなり、チェチェンの独立は遠のくばかりです。

そしてこんなニュースが・・・党大会の効果だって??
ブッシュ氏の支持率急上昇 党大会効果か 米誌調査

参考記事《追記9/5》
チェチェン戦争が育んだプーチンの権力
2000年1月21日  田中 宇
posted by PPFV at 23:58| Comment(2) | TrackBack(2) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うめチキです。

最悪の結末を迎えたあと、新聞はこぞって被害の大きさを伝えていますね。
そして、「平和的な解決の道はなかったのか」とか「治安当局のミス」とかいう話が続きます。

ですが、誰も「テロをなくすにはどうしたらいいか」、というもう一歩引いた視点の記事を書く人はいないような気がします。
それを考えることこそが最も重要だと思うのですが。

それとも世界的に報道管制がしかれていて、そういう論調の記事を書くことが禁じられているのでしょうか。
Posted by うめチキ at 2004年09月06日 19:44
>それとも世界的に報道管制がしかれていて、そういう論調の記事を書くことが禁じられているのでしょうか。

まったく。そう思わずにいられない報道の有様ですね。
そもそも「チェチェン独立派」の犯行かさえもはっきりしていないのに、報道はもうそれが前提かのような垂れ流し。
色々調べれば調べるほど、今回の事件し不可解なことが多いですし、おっしゃるように「テロの根源的な問題」について詳細に言及する報道(当然ロシアにとっては不都合な報道になりますが)はまだ見られません。
Posted by PPFV at 2004年09月06日 20:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

テロリズムはなくならない・・・
Excerpt: ロシア学校占拠事件は最悪の結末をむかえてしまった。 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp04090501.html http://www.asahi.com/inte..
Weblog: We Are The Future
Tracked: 2004-09-05 01:44

「テロ」と断固として戦う覚悟
Excerpt: ロシア・北オセチア共和国での中等学校占拠事件が悲惨な結末を迎えた。予想されていたこととはいえ、実際にこのような結果が出てみると、そこから生まれる絶望感は計り知れないものになる。それは、この事件をどう受..
Weblog: 数学屋のメガネ
Tracked: 2004-09-05 12:06