2004年10月02日

ルノー:バッテリー交換

久々の耐乏仏車ネタ、というかもともとこっちがメインのブログタイトルなのに(汗)

20041002MAINTE

長男の車、さすがにバッテリーへたれてきましたので交換です。
現在17万キロ超、少なくとも20万キロまでは頑張って直して乗って頂戴というこで・・・

バッテリーにこだわりのある激安ショップ(結構有名かな)
バスケスコーポレーションさんにて調達
http://www.vasques.com/

SMF 562-19 62Ah 190*175*245 13,125円也(税、送料コミコミ)
国産に比べるとちょっと高い?かもしれませんが、ディーラーお任せだとそうでもないかもしれない。
外国車ディーラーお任せだとちょっとお高いです。
自分で出来ることは自分でやる、耐乏仏車生活の鉄則です(笑)

ルノーのメインテナンス情報が充実している「くまねこ」さんのサイト
くまねこ日記
http://www.poporo.ne.jp/~neko/

バッテリー交換に関しては・・・
こちらに詳しいメンテ報告がある
http://www.poporo.ne.jp/~neko/mente/battkokan/battkokan.html
こういう選択肢も(工作の手間惜しねばこれもよろしいですね、安いし軽い)
http://www.poporo.ne.jp/~neko/mente/longbatt/battkokan2.html
posted by PPFV at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 耐乏仏車生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うめチキです。

僕の父は無類のバイク好きで、しかもその嗜好は自分が若かった時代、あるいはそれ以前の車種に偏っています。
50年も前のBMWを買って故障と戦いながら乗ってみたり、ホコリをかぶったサビサビのバイクをどこかからもらってきて一所懸命直して復活させたり。
PPFVさんに近い楽しみ方じゃないかと勝手に思っています。

あえて貧乏人の楽しみと呼ぶPPFVさんの真意はわかりませんが、これって本当に貧乏人の楽しみなんですかね?
僕は父に憧れています。
人生の一部である時間をつぎ込んで大事に愛車を管理することは、お金をつぎ込んで最新の車を買う以上に贅沢な趣味だと思います。

ああ、僕も父やPPFVさんのようになりたい。
Posted by うめチキ at 2004年10月04日 16:14
うめチキさん、こんばんは。

車ネタに反応していただいて嬉しいです(^^
うめチキさんのお父様はバイク好きでいらしたんですね。私も大好きなのですが経済的な理由で現在は乗っておりません(^^;;;
50年前のBMWとはすばらしい。70年代までのBMW、DUCATIは私の憧れです。私など足元にも及ばない楽しみ方されているようですね、羨ましい。

当方、田舎暮らしなので車は必需品です。私の妻さんも小さい仏車乗っていますので3台所有していますが、共に査定0の代物(笑)
でも乗り味に嵌ってしまうとやめられません。多少の管理さえ怠らなければ世間で語られるほど故障はありません。
ご存知かと思いますが、仏車は中古の値落ちが激しいのですよ。仏車ファンの私としては不思議でもあり、ありがたくもあり(笑)。
ディーラーお任せだとやはり高くついてしまいますが、ユーザー間での情報交換も活発に行われていますし、補修部品の個人輸入や、格安輸入パーツを扱っているお店もあり、皆それぞれ工夫して乗られているようです。
そういうわけで、仏車は私にとって経済的問題と楽しみを両立させてくれる最善の選択肢なんですよ。
うめチキさんも是非(笑)
Posted by PPFV at 2004年10月05日 02:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。