2004年11月17日

転載/[アラブの声]米軍、ファッルージャの女性や子供を戦車の盾に 抵抗戦士は泣きながら、、、

米軍、ファッルージャの女性や子供を戦車の盾に 抵抗戦士は泣きながら、、、

 16日22:15のイスラム・メモ特報

 ファッルージャの戦場司令官はイスラム・メモの特派員に、市街戦の悲劇に付いて語った。「悲劇は9日から始まった。米軍戦車に子供や女性をバリケードに使うのだ。このような蛮行は歴史上類が無い。我々はサルサール通りを進む戦車の車列の上から泣き叫ぶ子供や、助けを求める女性の悲鳴を耳にした。我々の戦士は、泣きながら的を狙う時、目を閉じていた」
http://www.islammemo.cc/news/one_news.asp?IDNews=49749
****
 本記事の原見出しは「米軍戦車を破壊するとき、何故抵抗戦士たちは泣いていたか?」である。
 米軍がイラク人の子供を人質に取り盾に使った例は、バグダードのハイファ通りの激戦で起きたと本MLで紹介している。

アラブの声ML 齊藤力二朗
http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/

Help URL : http://help.yahoo.co.jp/help/jp/groups/
Group URL : http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/
Group Owner: mailto:voiceofarab-owner@yahoogroups.jp



バグダットハイファ通りでの前例の記事は以下

米軍、イラクの6歳児を抵抗勢力猛攻の盾に使う
http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/message/38
2004年9月13日(月) 午前10時48分

 イラク抵抗勢力の攻撃はますます激しさを加え、劣勢に立たされた米軍はつ
いに、なりふり構わずイラクの児童まで砲撃の盾に使った。12日付のネット
紙、イスラム・メモが特派員報告で伝えた。

 12日夜イラク抵抗勢力は、首都バグダード中心部のハイファとおりでの対
戦で少なくとも米兵37人を殺害した。イラク軍は交戦に参加しなかった。抵
抗勢力は、イラクにおけるアメリカの象徴であるグリーン・ゾーン〜2800
メートル地点まで進軍、米軍に衝撃を与えた。
 
 そこである米軍将校が、何と戦闘中に包囲されたイラクの6歳の子供を拉致
し、米軍装甲車の上に乗せ、「抵抗勢力が引き下がらなければ、容赦なく子供
の首を切るぞ」と脅迫した。抵抗勢力は進軍を続けたので、その将校は、情け
容赦なくナイフで子供を殺した。
 
 これを見て抵抗勢力は前進を加速した。逆上した米軍は、ヒステリーになり
無差別に集合住宅やビルに発砲し、その結果、イラクの民間人45人が殉教し
た。米軍の被害は、装甲車6台と死者37人。

http://www.islammemo.cc/news/one_news.asp?IDNews=43873

 一方、イラク抵抗イスラム戦線の軍事部門サラーフッディーン・アル・アイ
ユービー大隊は8日に「米軍は8月26日にバグダード近くのラティーフィー
ヤで、イラク人の母親と娘3人を人質に取り、家族の男たちに、武器を棄て出
頭しなければ、女4人の拘留を続けると脅している。我々は米軍に思い知らせ
てやる」との声明を発表した。
 
http://www.albasrah.net/maqalat_mukhtara/arabic/0904/e3tqal_120904.htm
******
 子供を盾に取る方法はイスラエルが得意としている。11,12日の米軍の
被害は過去最大ではないのか。一例を紹介しよう。
 
 ロンドンで発行するクドゥス・プレス通信は12日の特報で「イラク抵抗勢
力は10日夜、ラマーディーのハバーニーヤ基地の滑走路にあった、アパッチ
やDCV,C120などのヘリコプター15機を破壊か破損させた」との消息
筋の話を掲載した。
 
 米軍は襲撃の直後、同基地に勤務するイラク人従業員が軍事情報を抵抗勢力
に漏洩させたと考え、全従業員を交替させた。また、同基地は11日夜、迫撃
砲とミサイル攻撃を受け、燃料倉庫が破壊された。

posted by PPFV at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。